• HOME
  • LIFESTYLE
  • 簡単スイーツレシピ #8 渡辺麻紀さんの〈マンゴ...

簡単スイーツレシピ
#8 渡辺麻紀さんの〈マンゴーバー〉

2024.03.21

撮影・福尾美雪

簡単に作ることが出来て、ちょっとした時間の合間に手でつまんで食べられるマンゴーバー。作るたびに違うドライフルーツを使ってみるのもオリジナリティがあって楽しいもの。
そのままでももちろんおいしいけれど、クラッカーにのせて食べるのもおすすめ!甘酸っぱいドライフルーツとクリームチーズのコンビネーションが最高です。

マンゴーバー
マンゴーやベリーなどのドライフルーツが、クリームチーズの水分を吸ってしっとりとジューシーになります。かむほどにいろいろな風味が楽しめます。

 材料(9.5×12.5×高さ2.5㎝のバット1枚分) 
ドライマンゴー・・・50g
クリームチーズ・・・120g(室温にする)
牛乳・・・大さじ1
ミックスドライベリー(ここではドライクランベリーとブルーベリー)・・・30g
ローストココナッツロング・・・20g

 作り方 
 バットの内側にオーブンペーパーを敷きこむ。

 マンゴーは3㎝角に切る。

 クリームチーズと牛乳をなめらかになるように混ぜ、そのほかの材料を加え混ぜる(好みでフルーツ、ナッツ類の一部を取り置き、最後に表面に散らしてもいい)。

 のバットに入れ、表面にラップフィルムを密着させ、冷蔵庫で2時間冷やし固める。このみのおおきさに切る。


渡辺麻紀

大学在学中より、フランス料理研究家のアシスタントを務める。ル・コルドン・ブルー代官山校に勤務後、フランス、イタリアの料理学校へ。フードコーディネーターを経て料理家に。書籍、雑誌、テレビなどで活躍のほか、企業へのメニュー構成提案、レシピ提供なども手かける。著書に『新キッシュ』(文化出版局)、『3皿でコース』『アペロとツマミ』(ともに主婦の友社)、『型なしタルト シュクレ&サレ』(河出書房新社)など多数。

〈マンゴーバー〉は渡辺麻紀さんの著書『渡辺麻紀のお茶菓子レシピ』からピックアップしました。少し気分をリフレッシュするためのティータイム。そんな時にお茶の横に添えたい、指でつまめるぐらいのお菓子がたくさん紹介されています。あんこを使った和菓子から冷たいアイスケーキ、オートミールクッキーやチョコレート、キャラメルまで。忙しい合間のお茶の時間が待ち遠しくなるものばかりです。

『渡辺麻紀のお茶菓子レシピ』
渡辺麻紀
文化出版局
1,700円(税別)
WEB:https://books.bunka.ac.jp/np/isbn/9784579214181/

簡単スイーツレシピ
#1 柳谷みのりさんの〈白くま風牛乳寒天〉
#2 福田里香さんの〈いちじくとはちみつのレアチーズケーキ〉
#3 中川たまさんの〈焼きいもタタン〉
#4 下園昌江さんの〈ジャムサンドサブレ〉
#5 小堀紀代美さんの〈ベイクドスライスアップル〉
#6 若山曜子さんの〈フレッシュベリーの型なしタルト〉
#7 坂田阿希子さんの〈オーブン焼きのころころフレンチトースト〉

RELATED POST

簡単スイーツレシピ #9 下園昌江さんの〈チョコレートパウンドケーキ〉
簡単スイーツレシピ #6 若山曜子さんの〈フレッシュベリーの型なしタルト〉
簡単スイーツレシピ #7 坂田阿希子さんの〈オーブン焼きのころころフレンチトースト〉...
上白石萌歌のぐるぐるまわる、ときめきめぐりVol.15  菓子研究家 福田里香