• HOME
  • CULTURE
  • FOOD
  • 簡単スイーツレシピ #5 小堀紀代美さんの〈ベイ...

簡単スイーツレシピ
#5 小堀紀代美さんの〈ベイクドスライスアップル〉

2023.12.20

撮影・邑口京一郎

簡単に言ってしまえば、りんごを薄くスライスしてオーブンで焼くだけ。けれどとっても美味しい冬らしいデザートが出来上がります。焼きたてよりも、冷やしてアイスクリームを添えれば美味しさが倍増!りんごの季節のとっておきの一品です。

ベイクドスライスアップル
丸のまま焼くと時間がかかる、だったらスライスしてみよう。そう思って作った焼きりんごがこちら。冷蔵庫で冷やして食べるのが好きです。――小堀紀代美

 材料(作りやすい分量) 
りんご(ふじ)・・・2個
バター(食塩不使用)・・・20g
レーズン・・・大さじ1¹/₂
ラム酒・・・大さじ1¹/₂
グラニュー糖・・・大さじ2
バニラアイスクリーム(市販)・・・適量

 下準備 
*レーズンはラム酒に10~15分つける。
*オーブンは180℃に余熱する。

 作り方 
 りんごは洗って皮付きのまま縦半分の切り、種と新をスプーンでくり抜き、5㎜あつさに切る。

 バットや耐熱容器の底にバター(分量外)を薄くぬり、りんごを少しずらしながら並べ入れる。
 バターを小さく切ってところどころにのせ、レーズンをラム酒ごとのせる。

 全体にグラニュー糖をふり、アルミホイルをかぶせて天板にのせ、180℃のオーブンで20~25分焼く。

 オーブンから取り出し 、再びアルミホイルをかぶせて粗熱を取り、冷蔵庫で3時間以上冷やす。

 適量ずつ器に盛り、アイスクリームを添える。


小堀紀代美

料理家。実家は栃木の洋菓子店。美味しいもの好きが高じて世界各国を食べ歩き、2021年にカフェ「LIKE LIKE KITCHEN」を開店し、そこに通う常連客の「料理の作り方を教えてほしい」との声に応えて、料理教室「LIKE LIKE KITCHEN」をスタート。確実においしく作れるレシピにファンも多い。『ライクライクキッチンの旅する味 予約のとれない料理教室レッスンノート』(主婦の友社)、『ごはんにかけておいしい ひとさライス』(西東社)などがある。
Instagram:@likelikekitchen  

〈ベイクドスライスアップル〉は小堀紀代美さんの著書『予約のとれない料理教室 ライクライクキッチンの食後のデザート』で紹介している一点です。1冊の中は“冷たいデザート”“焼いておくデザート”“温かいデザート”“コボリSpecial”に分けられ、すぐにでも作りたくなるスイーツがたくさん。そして、この本で紹介されているお菓子にぴったりのアレンジティーを提案されているのも嬉しい!冬のおうち時間をこの本のデザート作りで楽しんでみてくださいね。

予約のとれない料理教室 ライクライクキッチンの食後のデザート
小堀紀代美
文化出版局
1,800円(税別)
WEB: https://books.bunka.ac.jp/np/isbn/9784579214433/

簡単スイーツレシピ
#1 柳谷みのりさんの〈白くま風牛乳寒天〉
#2 福田里香さんの〈いちじくとはちみつのレアチーズケーキ〉
#3 中川たまさんの〈焼きいもタタン〉
#4 下園昌江さんの〈ジャムサンドサブレ〉

RELATED POST

文化学園出身の100人のクリエイターをご紹介!
渋谷PARCOにて台湾のカルチャーやアートなどを堪能できるイベント「台湾PARCO」が開催...
NEW COMER期待のニュークリエイターファイル
【2023-2024年秋冬のアウターまとめ】これから着たい服を妄想!人気ブランドの1stデリ...
簡単スイーツレシピ #1 柳谷みのりさんの〈白くま風牛乳寒天〉
簡単スイーツレシピ #2 福田里香さんの〈いちじくとはちみつのレアチーズケーキ〉
簡単スイーツレシピ #3 中川たまさんの〈焼きいもタタン〉
簡単スイーツレシピ #4 下園昌江さんの〈ジャムサンドサブレ〉
文化服装学院 ファッション高度専門士科× L’OREAL PROFESSIONALによる卒業ファッショ...
パーティースナップ!文化服装学院100周年のパーティーに集ったゲストをキャッチ!
アバンギャルドなチェックアイテム2023春夏トレンド 「エンドレス試着室」#56
Sea New Yorkデザイナー、Sean & Monicaインタビュー。ブランドスタートから16年目を迎...