蜷川実花史上最大規模の展覧会
「蜷川実花展 Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」が
TOKYO NODEにて開催

本誌『装苑』にて連載中の「One Thousand snd One Nights 蜷川実花と未来の女の子たち」も好評の蜷川実花さん。そんな彼女がクリエイティブチーム「EiM(エイム)」として挑む、圧倒的スケールの展覧会「蜷川実花展 Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠」が、12月5日(火)より虎ノ門ヒルズ ステーションタワーの情報発信拠点「TOKYO NODE」にて開催される。

《 Intersecting Future 》イメージ

《 胡蝶のめぐる季節 》イメージ

今年10月に開業した「TOKYO NODE」の45階、地上から200m超の高さにあるGALLERY A/B/Cは総面積およそ1,500㎡に至り、蜷川さんが過去に開催した展覧会で最大の展示面積となる。会場には、本展のために制作した映像インスタレーション・写真、立体展示などで構成された14作品が集結。ギャラリーから見下ろす東京の風景や外光を体験に取り入れるなど、この期間・この場所でしか体験できない内容になっている。

M / mika ninagawa × ガトーフェスタ ハラダ「グーテ・デ・ロワ 蜷川実花フラワーパッケージ ミニ缶」(2枚入り×6袋)¥1,080

M / mika ninagawa × POLA「デイリズムティー セレクトボックス リミテッドエディション」(14包入り×2袋)¥3,996

会期中は会場限定のオリジナルグッズを販売するポップアップショップが登場。「FETICO(フェティコ)」「KIDILL(キディル)」「M A S U(エムエーエスユー)」「TENDER PERSON(テンダーパーソン)」の4人のデザイナーとコラボレーションしたアパレルを販売するほか、「ガトーフェスタ ハラダ」や「POLA」とのコラボアイテムも展開。また、TOKYO NODE内の飲食店とのコラボメニューや関連イベント等も行われる予定だ。

蜷川実花さんコメント
ここ数年、この展覧会のために何度も実験をして準備してきました。今までたくさんの展覧会をやってきましたが、過去最大級、これまでの展覧会とは全く違うものに。 桃源郷のような世界を体感していただけると確信しています。
今回はEiMとしてのチームでのぞみます。このTOKYO NODEでしか、他の場所では決して実現できない展示なので、絶対に観にいらしてください。

宮田裕章さんコメント
私たちは、何気ない日常や瞬間の中で移ろいゆくものの中に、普遍的な美しさを見出す美意識に敬意を込めて、TOKYO NODEでの展覧会名を「Eternity in a Moment」としました。皆さんと体験を共につくる中で、本展が未来へつながる新しい場になることを願っています。

他では見られない壮大なスケールの展覧会へぜひ足を運んでみて!


蜷川実花展 Eternity in a Moment 瞬きの中の永遠
期間:2023年12月5日(火)〜2024年2月25日(日)※年末年始等休館日あり
場所:TOKYO NODE GALLERY A/B/C
   東京都港区虎ノ門2-6-2 虎ノ門ヒルズ ステーションタワー 45F
時間:月・水・木・日曜:10:00〜20:00/火曜:10:00〜17:00/金・土・祝前日:10:00〜21:00
入場料:通常 一般 平日¥2,500、土日祝¥2,800、学生 (大学生・高校生)平日¥2,000、土日祝¥¥2,200、子ども(中学生・小学生)平日¥800、土日祝¥1,000
入場特典:会期中にデザインが変わる!「オリジナルステッカー」を全員にプレゼント (全券種対象)
WEB:https://tokyonode.jp/sp/eim

蜷川実花/写真家・映画監督
写真を中心として、映画、映像、空間インスタレーションも多く手掛ける。木村伊兵衛写真賞ほか数々受賞。『ヘルタースケルター』(2012)、『Diner ダイナー』(2019)はじめ長編映画を5作、Netflixオリジナルドラマ『FOLLOWERS』を監督。最新写真集に『花、瞬く光』。クリエイティブチーム「EiM : Eternity in a Moment」の一員としても活動している。

宮田裕章/データサイエンティスト・慶應義塾大学教授
データサイエンスなどの科学を駆使して社会変革に挑戦し、現実をより良くするための貢献を軸に研究活動を行う。2022年より蜷川実花、Enzoらとともに結成したクリエイティブチームEiMのリーダーとしても活動している。

EiM(エイム): Eternity in a Moment/クリエイティブチーム
写真家・映画監督の蜷川実花、データサイエンティストの宮田裕章、セットデザイナーのEnzoらで結成されたクリエイティブチーム。プロジェクトごとに多様なチームを編成する。


\合わせてチェック!/

蜷川実花が撮る、SUMIRE Vol.1

蜷川実花が撮る、SUMIRE Vol.2

平手友梨奈 × 市川染五郎『装苑』2022年5月号 カバーストーリーのショートムービー

RELATED POST

話題の展覧会が開催中!蜷川実花×末安弘明(KIDILLデザイナー)対談。20年ぶりの再会...
PAMEO POSEのキャップ今欲しいトレンドアイテムを 装苑オンラインがセレクト!   ー エ...
ティファニーのエキシビション「ティファニー ワンダー」が開催
偏愛映画館 VOL.54『マッドマックス:フュリオサ』
偏愛映画館 VOL.53『バティモン 5 望まれざる者』
偏愛映画館 VOL.52『関心領域』
偏愛映画館 VOL.51『システム・クラッシャー』
偏愛映画館 VOL.50『パスト ライブス/再会』
偏愛映画館 VOL.49『ゴッドランド/GODLAND』
偏愛映画館 VOL.48『オッペンハイマー』
偏愛映画館 VOL.47『落下の解剖学』
偏愛映画館 VOL.46『ボーはおそれている』