蜷川実花が撮る、SUMIRE Vol.1

2021.11.25

9月16日~11月14日まで「上野の森美術館」で開催された蜷川実花展 —虚構と現実の間に —。美しくそして強さまでも感じられる花々と、鮮やかな色彩に酔ってしまいそうなその空間で、蜷川実花によるファッションシューティングが実現した。
撮影で訪れたのは展覧会最終日の前日。明日ですべてがなくなってしまうこと
も知らずに輝く写真たちが、心地よく迎えてくれた。
空間にたたずむのは装苑モデルのSUMIRE。可憐なSUMIREの花がそこに咲いた。

体感する写真展。花と、花を求めてやってくる昆虫が迫ってくる。まるでおやゆび姫になってしまったかような一瞬

Floating Layered Visions——浮遊するイメージが重なりあう世界
ネオン管によるプロローグは、さまざまなモチーフと蜷川実花本人とが重なり合って新たなビジョンや未来が見えてくるというメッセージ。
ここから始まる美しい夢と現実の世界を、この言葉がいざなう

墓地で撮影した造花。それはそこにある人の思い、そして欲望も含めて世界の美しさと向き合うもの。亡くなった人々に寄り添う永遠の美。色や記憶が時を経ても色褪せないようにと願って

——自然の中にあるがままに咲いている花よりも、見られるということを意識している花に惹かれる—— 
咲く瞬間も、大きく花びらを広げるようすも、朽ちていく姿も違った強さが具わっているよう

何か語り掛けてくるように咲く花々。すべての花を俯瞰で見るとそのほとんどは希望に向かっているように咲き誇る。

——光と向き合うように撮影した桜。だから今年の桜はピンクではなく白い色——
静かに春の訪れを告げ、力強く咲いて儚く散る。誰にも真似することのできないその艶やかな佇まい。知らず知らずのうちに高揚感も高まる。

※次回のVol.2は12月2日(木)掲載予定。

photographs:Mika Ninagawa
hair & makeup:Noboru Tomizawa(CUBE)
model:SUMIRE
dress : TOMO KOIZUMI
撮影協力:上野の森美術館

RELATED POST

ファッションが好きな人のための特集。『装苑』11月号の特集は「ファッションが好きす...
伝統的なスタイルが映し出された、BASE MARKの2022SSコレクション
ぼくの綺羅星 vol.5 大好きな君たち
"ビューティフルピープル"デザイナー、熊切秀典さんスペシャルインタビュー Vol.1
ぼくの綺羅星 vol.6  服を愛するMame Kurogouchi1
ぼくの綺羅星 vol.8  服を愛する YOHEI OHNO
ぼくの綺羅星 vol.9 作るということ
ぼくの綺羅星 vol.10 ワンピースを仕立てる
東京コレクション2021-22秋冬リポート コロナ禍で見えてきたファッションの変化。VOL....
東京コレクション2021-22秋冬リポート コロナ禍で見えてきたファッションの変化。VOL....
東京コレクション2021-22秋冬リポート コロナ禍で見えてきたファッションの変化。VOL....
ぼくの綺羅星 vol.7 服を愛するMame Kurogouchi2