VALENTINO(ヴァレンティノ)
【so-en mode Vol.17】

2016年からクリエイティブ ディレクターを務めるピエールパオロ・ピッチョーリ。ヴァレンティノがヴァレンティノであることを真摯に受け止めて、いつのシーズンもため息が出るほどの美を服の上で表現している。そして服にはその時代に沿った新しさも加味されているのはもちろんのこと。シンプルだからこそ、その位置でなければならないネックライン。ボディフィットとオフボディのバランス。揺れる布、透ける布・・・。すべてのディテールから静かなパワーが伝わってくる。決して奇をてらっているわけではないクリエーションがこのブランドの魅力なのだろう。

2023年春夏。ヴァレンティノがテーマに掲げたのは「UNBOXING」。箱からイメージを取り出したときの、何にもとらわれない純粋なアイディア。そこから生まれる本質が表現されている。マイナスすることで見えてくる美しい緊張感は、ラグジュアリーであるからこそのこの上ない贅沢なもの。目に鮮やかな色の演出とともに発表されたコレクションをここで。

アコーディオンプリーツがグラフィカルに流れて広がるシルクのミニドレス。ヴァレンティノレッドの鮮やかさが印象的なアイテム。ドレス ¥885,500、タイツ ¥22,000 ヴァレンティノ、ピアス ¥110,000、靴 ¥165,000(参考色) ヴァレンティノ ガラヴァーニ(共にヴァレンティノ インフォメーションデスク)

ピークト・ラペルのメンズライクのジャケットとパンツのセットアップ。インナーも同色でコーディネートされたワントーンスタイル。白を感じる優しいヌードベージュと、袖に飾られた羽根のディテールがエレガントに。ジャケット ¥654,500、ボディスーツ ¥115,500、パンツ ¥231,000 ヴァレンティノ、ネックレス ¥333,300、靴 ¥165,000 ヴァレンティノ ガラヴァーニ(共にヴァレンティノ インフォメーションデスク)

ヴァレンティノの頭文字Vのパターンを服全体に配したアイテム。リズミカルなVの文字は、時には繊細な格子にも見える。ブランドの文字をあしらいながらも、決してそれを主張しすぎないクリエーションで表現されている。トップス ¥159,500、タイツ ¥49,500、スカート ¥621,500 ヴァレンティノ、ネックレス ¥333,300、靴 ¥165,000 ヴァレンティノ ガラヴァーニ(共にヴァレンティノ インフォメーションデスク)

Vマークをあしらったチェーン付きミニウォレット チェーン付きミニウォレット ¥103,400 ヴァレンティノ ガラヴァーニ(ヴァレンティノ インフォメーションデスク)

スカート1枚だけを身に着けて、その揺れる布の美しさを楽しんでいるようなスタイル。ヌードベージュの皮膚のようなトップスは、スカートを引き立てるために引き算で考えられたアイテム。ボディスーツ ¥110,000、スカート ¥517,000 ヴァレンティノ、ネックレス ¥333,300 ヴァレンティノ ガラヴァーニ(共にヴァレンティノ インフォメーションデスク)

宇宙にちりばめられた星をバッグに集めたようなきらめきのバッグ。バッグ ¥660,000 ヴァレンティノ ガラヴァーニ(ヴァレンティノ インフォメーションデスク)

黒いチュールにビーズ刺繍をあしらって、フリルで華やかさを添えたケープワンピース。繊細な素材の向こうに見える肌が、ドラマティックで美しい。ワンピース ¥1,760,000 ヴァレンティノ、ピアス ¥110,000 ヴァレンティノ ガラヴァーニ(共にヴァレンティノ インフォメーションデスク)

photographs : Josui Yasuda (B.P.B.)
hair & makeup : TAKAE KAMIKAWA(mod’s hair)
model : SERENA MOTOLA(SO-EN model)

問い合わせ先
ヴァレンティノ インフォメーションデスク
TEL:03-6384-3512

RELATED POST

ヴァレンティノによる還元プロジェクト「ヴァレンティノ ヴィンテージ」の第2弾が代官...