so-en mode
 Vol.5 CELINE

カリスマデザイナーとして一線を画したエディ・スリマンが、セリーヌのアーティスティック、クリエイティブ&イメージディレクターに就任したのが2019年。
メンズのテーラリングのクールさにフェミニンなテーストが
プラスされた独特な世界観を作り上げた。
今回は、より日常にフィットしたセリーヌのスプリングコレクションをお届け。

ブリティッシュテーストとアメリカンテーストをさりげなく漂わせるコレクションはどこか懐かしく、そして肌になじんだヴィンテージクローズのような雰囲気が感じられる。レザーを使った少しハードなアイテムや、スポーティーなアイテムには柔らかい風合いのフレアースカートが合わせられるなど、対極にあるイメージをコーディネートに取りいれることでファッションの楽しさを盛り上げている。

カーフスキンの真っ白なライダースジャケット。黒よりもピュアなイメージが感じられる。シルクシフォンの小花柄のブラウスで、フェミニンさを添えて。ジャケット 参考商品、ブラウス ¥159,500、パンツ ¥104,500、カチューシャ ¥62,700 すべて予定価格 セリーヌ バイ エディ・スリマン(セリーヌ ジャパン)

トップスとスカートに使われたのはコットンフランネル。ネルシャツを思わせるアメリカンテーストのチェック柄をモードに昇華させて。ラムスキンのロングジャケットとともに。ロングジャケット ¥583,000、トップス ¥95,700、スカート ¥214,500、靴 ¥121,000 すべて予定価格 セリーヌ バイ エディ・スリマン(セリーヌ ジャパン)

サテンのブルゾンの下に、ネルシャツとスウェットシャツを合わせたカジュアルなレイヤード。シルクの繊細なプリーツスカートがスタイリングのポイントに。ブルゾン ¥313,500、シャツ ¥104,500、スウェットシャツ ¥68,200、スカート ¥352,000、靴 ¥137,500 すべて予定価格 セリーヌ バイ エディ・スリマン(セリーヌ ジャパン)

フェアアイル柄のウールのジャカードセーター。やや短めな着丈が着こなしやすさのポイント。ここでコーディネートしたのはバイヤスカットのシルクシフォンのドレス。ざっくりしたセーターとのアンバランスさが楽しい。セーター ¥137,500、ドレス 参考商品、カチューシャ ¥62,700、バッグ ¥132,000、靴 ¥143,000 すべて予定価格 セリーヌ バイ エディ・スリマン(セリーヌ ジャパン)

ゆったりしたジャージーのスウェットブルゾンに、同素材の細身のスウェットパンツ。スポーティー過ぎないようにインナーにはシルクのブラウスを。足もとのローファーもアクセント。スウェットブルゾン ¥137,500、ブラウス ¥159,500、パンツ ¥104,500、カチューシャ ¥62,700、靴 ¥105,600 すべて予定価格 セリーヌ バイ エディ・スリマン(セリーヌ ジャパン)

ふんわりした素材感が優しいウールアルパカのジャケット。このエレガントなジャケットにデニムを合わせて日常スタイルに。トリコロールのニットの帽子と、ブランドロゴがチャーミングなボリュームあるサンダルでフレッシュな着こなしを。ジャケット ¥247,500、セーター ¥159,500、ジーンズ ¥89,100、帽子 ¥104,500、サンダル ¥121,000 すべて予定価格 セリーヌ バイ エディ・スリマン(セリーヌ ジャパン)

photographs : Josui Yasuda (B.P.B.)
hair & makeup : TAKAE KAMIKAWA(mod’s hair)
model : SERENA MOTOLA (SO-EN model)

問い合わせ先 セリーヌ ジャパン
TEL 03-5414-1401
WEB:www.celine.com

RELATED POST

so-en mode Vol.3 DIOR
so-en modeVol.1  GUCCI
「セリーヌ オート パフューマリー コレクション」にフランス文学と詩の豊かさを内包し...
so-en mode Vol.4 VALENTINO
so-en modeVol.2 CHANEL
あさぎーにょが秋冬最新コーデを着こなす「LAFORET AUTUMN COLLECTION」が開催
アガットから、2022 Spring Collectionが登場!
スタイリスト伏見京子によるアップサイクルブランド「CYCLEING」
可愛いだけじゃない。かなりかっこいいアイドルグループ”EMPiRE”。6人の女の子たちが...