【so-en mode】
Vol.6 DRIES VAN NOTEN(ドリス ヴァン ノッテン)

ベルギー・アントワープ出身のドリス・ヴァン・ノッテン。経営者でありデザイナーでもある彼が、アントワープに小さなショップをオープンさせてから今年で36年。
繊細で革新的なオリジナルの素材で、独自のスタイルを現在も貫いている。

いつになく鮮やかな色がミックスされた今シーズン。色で溢れるインドのホーリー祭からインスピレーションを得て、“フェスティバル・オブ・ラブ、喜びの共有、大胆な色と感情の爆発”をキーワードに展開された。誰もが自由で、豊かな感情をむき出しにできるひととき。色から感じられる幸福感と躍動感。ファッションのエネルギーが、色の洪水の中で美しく強く表現されている。

張りのあるポリエステルのコートドレス一面にあしらったのは花火のプリント。春の訪れを祝うドーリー祭で打ち上げられる、夜空の花火がドレスに描かれて。ボリュームたっぷりのドルマンスリーブがフォルムを一層美しく見せているのが印象的。コートドレス ¥222,200 ドリス ヴァン ノッテン

ビーズとスパンコールを転写プリントしたラップドレス。衿にはリアルなスパンコールのティテールがあしらわれている。シルクモスリンの繊細な布から表現されるドレープが魅力に。ラップドレス ¥233,200 ドリス ヴァン ノッテン

体の動きによって優しく揺れるフリンジ。マルチカラーの色の曲線が流れる水のようにも見えて。トップス、スカートともに素材はしっとりとした質感のヴィスコースレーヨン。 トップス ¥259,600、スカート ¥162,800、靴 ¥125,400 ドリス ヴァン ノッテン

ミニマルなビスチェが、張りのある素材を使うことによってインパクトのあるアイテムに。たっぷりとした胸もとのフリルが華やかさを添えて。ワイドパンツも、ビスチェと同素材のコットンポリエステルで。トップス ¥115,500、パンツ ¥80,300、靴 ¥125,400 ドリス ヴァン ノッテン

色粉を塗りあったり色水を掛け合ったりして祝うヒンドゥー教の春祭り、ホーリー祭。その色の鮮やかさを、コットンローンのトップスで表現。ボトムには光沢のあるベロアのスカートを。トップス ¥85,800、スカート ¥68,200 ドリス ヴァン ノッテン

photographs : Josui Yasuda (B.P.B.)
hair : HORI (BE NATURAL)
makeup : KOTO(UM)
model : SUMIRE(SO-EN model)

問い合わせ先:ドリス ヴァン ノッテン
TEL:03-6820-8104 
WEB:www.driesvannoten.con

SO-EN MODE
vol.1 GUCCIはこちら
vol.2 CHANELはこちら
vol.3 DIORはこちら
vol.4 VALENTINOはこちら
vol.5 CELINEはこち

RELATED POST

2022-’23年秋冬 パリ・メンズ・コレクション ドリス・ヴァン・ノッテン(DRIES VAN N...
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.5】ドリス ヴァン ノッテンの魅惑の世界に陶酔
so-en modeVol.1  GUCCI
so-en mode Vol.3 DIOR
so-en modeVol.2 CHANEL
so-en mode Vol.5 CELINE
so-en mode Vol.4 VALENTINO
あさぎーにょが秋冬最新コーデを着こなす「LAFORET AUTUMN COLLECTION」が開催
謎の天才デザイナー、マルタン・マルジェラがついに沈黙を破る!映画『マルジェラが語...
【2022年春夏パリ・ファッションウィーク】アルベール・エルバスへオマージュを捧げた...
『装苑』7月号で女優の見上愛さんにご登場いただいた「半分少女」のスピンオフとして、...
【From パリ支局】ラ・サマリテーヌ、16年ぶりのただいま