ナッツの人面クッキーのレシピ

ここ数年、クッキーブームです。

 かわいらしい型抜きクッキーや小麦粉の産地や種類の違いを味わうもの、グルテンフリー、発酵素材をメインにしていたり…。あと、目当ては缶!っていうくらいに素敵なクッキー詰め合わせ(缶ね)とか。

 一度は作ったことがあるという人も多いと思いますが、ここではデコレーションに工夫を凝らしたクッキー、その名も「人面クッキー」をご紹介します。

 ちなみにクッキーといっても、どちらかというとサブレ。コーンスターチを入れ、できるだけ手で触らずに作ることで、ほろっと感を出しています。顔はお好みのナッツやドライフルーツで、好きなようにデコレーションしてください。

 私は、なんだかいつも困り顔になってしまうのだけど、自分で食べるだけでなく、友達の顔をイメージしてプレゼントしてみて。結構、盛り上がります。

材料(10㎝径の丸い型で12〜14枚程度)

■発酵バター 100g
■洗双糖 40g
■薄力粉 160g
■コーンスターチ 8g
■皮付きアーモンドパウダー* 50g
■塩 2g
■全卵 25g
■ナッツ各種(時計回りに:くるみ、デーツ、カシューナッツ、ピーカンナッツ、ブルーベリー、ピスタチオ、松の実、アーモンド)
■強力粉 適量

*ここでは皮付きアーモンドパウダーを使っていますが、手に入りやすいアーモンドパウダー、またはローストアーモンドパウダーでも可。香ばしさや風味など少しづつ違うのでお好みで。

下準備

・発酵バターを1㎝角程度にカットし、冷凍しておく。
・卵は常温に戻しておく。
・オーブンを170℃に予熱する。

作り方

1.洗双糖、薄力粉、コーンスターチ、皮付きアーモンドパウダー、塩をフードプロセッサーに入れ、混ぜ合わせる。

2.冷凍しておいた発酵バターを加え、バターの塊がなくなるまで粉類と混ざ合わせる。

3.卵を加え、混ぜ合わせる。
材料がなじみ、刃の回転がもったりし始めたタイミングが混ぜ終わりの目安。念には念は、と混ぜすぎると回転の熱で生地がだれてしまうので、つぶつぶが残っているくらいでOK。

4.生地を取り出し、半分に切って重ね、手の腹部分で押してなじませる。これを2~3回。

5.めん棒で伸ばしやすい量に分け(3〜4等分)、2㎜ほどの厚さに伸ばす。
最初は、生地を綿棒で押し広げるイメージで。最後にころころとならして、均一な厚さに。
台、めん棒に強力粉を振りながら作業を。

6.伸ばした生地を型で抜き、ベーキングシートの上に生地を載せる。
余った生地は、ひとまとめにして、2㎝ほどの厚さにしてラップで 包み、冷蔵庫で30分ほど休ませた後、また伸ばして二番生地に。

7.ナッツやドライフルーツに卵液(分量外)を塗り、軽く押し付けながら、好みの顔に仕上げていく。
卵液の代わりにマヨネーズを使ってもOK。

8.170℃のオーブンで12〜13分ほど焼く。

その他

・フードプロセッサーがない場合は、発酵バターは冷蔵庫で冷やし、カード(4の工程写真に写っている白い製菓道具)でバターを刻むようにしながら粉類と混ぜ、馴染んできたら両手の平ですり合わせるようにして生地を仕上げてください。生地に余計な熱を加えたくないため、作業は手早く!
・サブレは割れやすく、時化やすいので、翌日以降に食べる場合は保存袋、台紙、乾燥剤・脱酸素剤などをご利用ください。

スイーツ製作 アンゴーティ
Instagram:@anngoatie

合わせてチェック!
フォンダンショコラ”サオトォボ”のレシピはこちら
ケークシトロンのレシピはこちら
ベイクドチーズケーキのレシピはこちら
濃厚杏仁豆腐のレシピはこちら
ミントミルクティグラニテのレシピはこちら

RELATED POST

ほんのり甘く爽やかなくちどけのミントミルクティグラニテ
レモンの季節に、ちょっと甘酸っぱいレモンケーキを〜Recipe ケークシトロン〜
ベイクドチーズケーキ レシピ
濃厚杏仁豆腐 レシピ
スイーツ女子のアンゴーティ先生による、本場パリのフォンダンショコラ“サオトゥボ”...
「ニューバランス」が発信する、4月22日“Earth Day”に向けた今年の取り組み
𠮷田恵輔×岸井ゆきの 映画『神は見返りを求める』から始まる、”承認欲求”について...
横浜流星インタビュー 真摯に歩んで辿りついた11年目の境地
Mr. CHEESECAKE 田村シェフ考案!シークヮーサーを使ったレシピ3選
Made in PIERRE HERMÉがTruffleBAKERYとのコラボレーション商品を発売
ルル メリーから林檎がほんのり香る「季節のショコラサブレ(林檎)」が発売!