ディオールの2022年春夏オートクチュール・コレクションは、
芸術と職人技が交差

2022.01.27

ディオール(DIOR)が2022年春夏オートクチュール・コレクションを発表。ショー会場の壁に設置された刺繍の作品群はインド人アーティストのマドヴィ・パレクとメヌ・パレクによるもので、インドのチャーナキヤ工芸学校の職人たちによって製作されました。

披露されたのは美しく精緻な手仕事が詰まったコレクション。今シーズンを象徴するのはクリエイションの実験といわれるオートクチュールのアトリエです。とりわけクローズアップされたのは刺繍で、レオタードからイブニングドレスまで、様々なピースに豊な表情を与えています。シグネチャーアイテムであるタイツにも刺繍装飾が施され、メゾンのDNAを汲むミニマルなスーツやドレスとのコントラストが絶妙。ビーズがちりばめられたパンプスもアクセントに効いています。

Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

【もっと知りたい!フランスの田舎のミュージアム ①】偉大なクチュリエの創造の源へ ...
so-en mode Vol.3 DIOR
ディオールから、ランニングシューズを再構築した新作スニーカーが登場!
シャネルの2022年春夏オートクチュール・コレクションは、ジオメトリックなタッチを効...
「ディオール & サカイ」横浜流星や板垣李光人、白濱亜嵐の着こなしは?ポップアップも...
アートなバッグ、ディオール レディ アート第6弾が登場
【2022年春夏パリ・ファッションウィーク】アルベール・エルバスへオマージュを捧げた...
【2022年春夏パリ・ファッションウィーク】ディオールはマルク・ボアンの時代にフォー...
【もっと知りたい!フランスの田舎のミュージアム ③】優雅なレースにうっとり/ シャン...
【もっと知りたい!フランスの田舎のミュージアム ③】優雅なレースにうっとり/ シャン...
世界へ飛び出した日本人vol.3 田根 剛さん