資生堂 西森由貴×モデル Hara Kanon
『装苑』3月号《SO-EN BEAUTY》メイクがくれる 色のある喜び

2022.03.03

hair&makeup:Yuki Nishimori(SHISEIDO)/model:Hara Kanon/photographs:Yuki Kumagai/styling:Miri Wada

好評発売中『装苑』3月号内の企画「SO-EN BEAUTY」より
資生堂 西森由貴さん×モデル Hara Kanonさんにご登場いただき、
色と質感が楽しくて、女の子の気持ちが↑るようなポジティブなメイクをご紹介します!

もやもやピンク

ワンピース¥38,500、中に着たトップ¥31,900 ミヤオ/
ピアス ¥14,300 エヴリン/タイツ スタイリスト私物

Kanonちゃんだからこそ、無垢であどけない少女特有のロマンティックさを表現したいと思いました。色でテンションを上げるなら、好きなところに好きな色を存分に、広い範囲で使いたい!それならチークを、しかも普通のピンクではなく、パープルなどの青みがかったピンクが新鮮。まず①の下地で、チークを塗りたいエリアをトーンアップさせておいて、ピンクがかったクリームタイプのチーク③を頬全体に広げます。クリーム+パウダーを重ねると色の発色がよくなるので、色をきれいにしっかりと見せたい鼻の上から頬にかけて横のライン(色を濃くしたいところ)には④のパウダーをのせると横のラインが強調されて、しかもアクセサリーみたいで可愛い!マットな質感の②で口もとは落ち着いた印象に仕上げたらでき上がり!

①マキアージュ
ドラマティックスキンセンサーベース EX UV+ ¥2,860

②SHISEIDO
モダンマット パウダーリップスティック 502 ¥3,960

③SHISEIDO
ミニマリスト ホイップパウダーブラッシュ 02 ¥4,400

④NARS
シングルアイシャドー 5357 ¥2,750

【ぎらぎらローズ】

ワンピース¥93,500(参考価格)MSGM(アオイ)/
ハット¥17,380 ヘイローラベルズ(ラッドラウンジ)

’90年代ファッションのムードが盛り上がっているので、ちょっと懐かしさを感じるようなメイクに挑戦したくなりました。そこで’60sメイクを象徴する下まつげを強調し、大粒ラメで盛り盛りに!今回のメイクの中で一番ボリュームがあって、一番テンションが上がるメイクです。主役になるのはアイメイク。まず、アイカラーの①をまぶた全体に広げて塗ったら、②をまぶたの中央だけに重ねる。次にアイラインは③を使い、細めの線でしっかり発色させて。後からつけまつげをつけるのでアイラインはラフでOK。線の美しさよりも”色”を出すほうを重視して!つけまつげ④を好みの長さやボリューム感にカットして整えたら下まつげに重ねてつける。目もとのキラキラした質感に負けないようにリップは⑥と⑤を重ねて、ギラギラ感をアップさせたら完成です!

①マキアージュ
ドラマティックアイカラー(パウダー)VI316 ¥990

②SHISEIDO
ドラマティックアイカラー(パウダー)RS154(限定)¥990

③SHISEIDO
 カジュアルインクアーティスト 07 ¥2,420

④資生堂 アイラッシュズ V4 ¥1,320

⑤SHISEIDO
オーラデュウ プリズム 03 ¥3,960

⑥SHISEIDO
モダンマット パウダーリップスティック 530 ¥3,960

【つやつやレッド】

ジャケット¥69,300、パンツ¥53,900 ハトラ/キャミソール ¥24,200 ヨウヘイ オオノ/
ピアス¥118,800 トーカティブ(トーカティブ 表参道)/ノーズクリップ¥12,100 タラント

’22年春夏コレクションを見ていたら”ツヤツヤのリップ”がすごく多くて、今はコロナ禍で日常的にマスクをつけているけど、リップってつけるだけでテンションが上がるし、肌がきれいに見えるんですよね。そういうリップの威力を思い出して、つやつやのリップで大胆でエネルギッシュにしたい!と浮かんだのが、このオレンジレッドと緑の色の組み合わせ。赤いリップ=王道というイメージがあるけれど、アイラインやアイシャドーでワンポイントで色を置いてみる、それだけで大胆なコントラストになるんです。緑のアイシャドー④を目頭にポンと置いて、口元はまず①でしっかりと輪郭を取って塗る。リップをポイントにしたいときは少しオーバー気味に!その上に③のラッカーリップを重ね、さらに②のクリスタルジェルグロスを置くようにのせると驚くほどつやつやに!

①SHISEIDO
モダンマット パウダーリップスティック 528 ¥3,960

②SHISEIDO
クリスタルジェルグロス ¥3,850

SHISEIDO
ラッカーインク リップシャイン 305¥3,850

④NARS
シングルアイシャドー 5367 ¥2,750

Yuki Nishimori●2014年入社、資生堂ヘアメイクアップアーティスト。5年のサロン経験を経て、SABFAを卒業。ニューヨーク、パリ、東京のファッションウィークでヘア&メイクとして活動。トレンド情報分析も担当し、そこで培った知識をヘア&メイクに落とし込んで表現するのが得意。世界で通用する、日本発信のヘア&メイクを提案することを目標としている。
Instagram:@nishimori_yuki   

Hara Kanon●2001年生まれ、大阪出身。’20年にモデル活動をスタート。現在は大阪を拠点に活動しているが東京からもラブコールが絶えない、クリエイターたちから人気の女の子。
Instagram:@hara_kanon  

SHISEIDO
WEB:www.shiseido.co.jp
Instagram:@shiseido_japan
Twitter:@SHISEIDO_brand


合わせてチェック!
『装苑』2021年7月号 見上愛さんの「半分少女〜Beauty篇〜」はこちら
『装苑』2021年9月号 百合佐和子さん×板垣李光人さん「SO-EN BEAUTY」はこちら
『装苑』2021年11月号 渋沢智美さん×美絽さんは「SO-EN BEAUTY」こちら

RELATED POST

『装苑』11月号《SO-EN BEAUTY》ファッションとメイクの小粋な関係。資生堂 渋沢智美×...
YUKI FUJISAWAのアランハンドニット2022の予約会がスタート!
YUKI FUJISAWAのジュエリーコレクションにパールがきらめく新作が登場
so-en mode Vol.3 DIOR
マキアージュ「ムース生まれのパウダリー」で、理想のつや肌が完成!
YUKI FUJISAWAの新プロジェクト「記憶の『先』のセーター」がスタート
【so-en mode】Vol.8 SAINT LAURENT(サンローラン)
so-en mode Vol.4 VALENTINO