• HOME
  • LIFESTYLE
  • 清澄白河のギャラリー「stoop」と、「topso」が...

清澄白河のギャラリー「stoop」と、「topso」が渋谷パルコにポップアップギャラリーをオープン。貴重なデザイナーズ家具やアートがずらり!

2024.06.14

東京・清澄白河にあるギャラリー「stoop」と、ギャラリー「topso」が渋谷パルコで合同ポップアップギャラリーをオープン。

アール・デコ、ミッドセンチュリー、ポストモダン、アヴァンギャルド、コンテンポラリーなど、時代にもジャンルにもとらわれない家具やアートのコレクションの中から、今回は、日本のインテリアにも取り入れやすいシルバー、白、黒に限定したプロダクトを展示・販売する。

会場を彩るのは、フィリップ・スタルク(Philippe Starck)、チャールズ・レニー・マッキントッシュ(Charles Rennie Mackintosh)、ミース・ファン・デル・ローエ(Mies van der Rohe)などのヴィンテージピース。さらに、建築家の伊東豊雄と、ミラノのドリアデ社の協業で生み出されたSUKIチェア(1987年)や、エットレ・ソットサス(Ettore Sottsass)と、青色の陶器でよく知られるビトッシ社によるセラミックピース(195年〜)、ジオ・ポンティ(Gio Ponti)がミラノのフォンタ・アルテ社で制作したランプなど、日本国内では目にする機会が少ないプロダクトも出展される。デザイン好きは必見の本展。初めてのデザイナーズ家具やプロダクトを買いに、あるいは、お気に入りの逸品を見つけに出かけてみて!

「stoopとtopsoの合同ポップアップギャラリー」
会期:2024年6月27日(木)〜7月15日(月)
時間:11:00〜21:00
会場:「渋谷パルコ 3F POPUP SPACE」
   東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ3F
電話:03-4285-4128

RELATED POST

オリヴィエ・サイヤールが監修、ITSファイナリストの作品展「服の幾多の人生」開催
豊かな色彩と絶妙なバランス感覚が光るドリス ヴァン ノッテン。2024-’25年秋冬パリ・...
ドリス・ヴァン・ノッテンが引退を表明。その思いを綴った「ドリスからの手紙」