伝統的なスタイルが映し出された、
BASE MARKの2022SSコレクション

2021.09.01

スタンダードをモードに遊ぶ「BASE MARK(ベース マーク)」の2022SSコレクションがオンラインにて配信された。

スクリーンに映し出されたロンドンとアフリカの風景。Memories in LONDON、Memories in Africaと題された。70’sのイギリスで生まれ大流行した2TONEという音楽の新しいジャンル(スカとパンクロックが融合したもの)に影響を受け、英国×アフリカの奏でる音楽をコレクションで表現した。

国の伝統的なスタイルにモード感溢れるテーラードアイテムやポロシャツ、ジャケットの袖は飾りになるようなデザインに。特徴的な柄と無地との絶妙な組み合わせにも注目。ベルトや帽子、厚底サンダルといった小物は夏らしい個性的な色使いと柄に。また、今季はチェコのバッグブランド「BRAASI INDUSTRY(ブラアシィ インダストリー)」とのコラボレーションを実施し、ベースマークのオリジナル素材をBARAASIの定番アイテム「MIKA」(バックパック)と「GEORGINA」(トートバッグ)の2型で展開。

ブランド:BASE MARK/ベース マーク
デザイナー:金木 志穂/Shiho Kaneki

BASE MARK
WEB:basemark.jp
Instagram:@basemark_official

RELATED POST

文化服装学院の学生によるショップ企画「RE・TENT」が今年もオンラインにてオープン!