個性光る女性の儚げな服、Peys des fees 2022SS コレクション

2021.09.01

コレクションのテーマは「Inframince」。”物理的な薄さにとどまらない薄さ”という意味をもつ芸術家マルセル・デュシャンによる造語をテーマに、軽やかでロマンティックなラインナップを発表した。

軽やかで儚げな素材。そして透け感のあるチュールやレース。素材に施したプリーツのテクニックが印象的に。プリーツには表面には人物が、裏面には空想の世界が描かれ、モデルが動くたびに立体的に優しいフォルムを見せている。これは小説家稲垣足穂の作品に宿る幻想的な気配を、アーティストQ-TAがコラージュで布に表現したもの。

揺れる服の美しさ、その臨場感を直接感じ取って欲しいということで、今回のフィジカルな発表になった。

ブランド:pays des fées/ペイデフェ
デザイナー:朝藤 りむ/Lim Asafuji

pays des fées
WEB:pays-des-fees.com

RELATED POST

【2022年春夏パリ・ファッションウィーク】アルベール・エルバスへオマージュを捧げた...