見上愛×佐藤寛太、映画『不死身ラヴァーズ』インタビュー。
何度出会っても君が好き!熱すぎる恋愛劇の舞台裏

2024.05.16

佐藤:えっ!あれ、よかったですか?ちょっと厨二病みたいじゃないですか。効くんだ、側転(笑)。これから使ってみようかな!

見上:やめたほうがいい(笑)。松居さんは演劇人でもあって、肉体表現が舞台っぽいっていうのは感じました。りのは感情が高ぶると走るというシーンが多いんですけど、ガチできつかったです(笑)。見上愛自身の肉体の辛さと、りのの辛さをリンクさせるために、わざと肉体的に追い込まれていった気がしていて。撮影中は、そういうことも考えてたような気がします。

佐藤:たしかに見上さんはずっと走ってた。むしろ、飛んでるみたいだった。

見上:佐藤さんはどこがきつかった?

佐藤:なんだろうな?あったかな。うーん。あ、クリーニング屋の甲野じゅんで、アイロンがけは苦労はしたかな。

見上:そこか(笑)。

佐藤:もう、大苦労よ。走る練習もしたけど、アイロンがけは毎日何10枚も練習した。なのに、練習していない見上さんがさらっとアイロン掛けしていて、これはどういうことかと。

見上:ハハハ!

佐藤:僕が松居さんらしさを感じたのは、登場人物がダサいこと。普通なら見たくないし、見せたくないところを映画の中で出してくる。でも、それが心に残るよなっていう。今回の作品もなんか、りのを純真で綺麗で、本当に明るくて素晴らしいっていう風に展開しておきながら、先ほど言っちゃったけど、惨めな側面も見せてくる。僕が松居さんの作品の好きなところはそういうところで、甲野じゅんも、最初はすごいイケキャラかと思いきや、りのが彼の家に行ったら泣いてるし、後半は全部ダサかった。僕は、ほんとは、ブラッド・ピットみたいにかっこよく生きていきたかったの(笑)。残念です(笑)。

見上:松居さん、対役者への演出方法が違っていて、私には、今のテイクをなぜ撮り直すのか、細かく説明があって、『僕はこう思うんだけど、見上さんはやってみてどういう気持ちだった?』と、丁寧に話しながら進めてくださったんです。

佐藤:俺はもう全然喋ってない。僕は聞くんですよ。いつも不安だし、『これ、大丈夫ですかね?』とか。でも、ほぼ返事が『うん、大丈夫大丈夫』。1回も、やり直しの理由も説明されなかった。本当に見上さんが言う通り、タイプによって言葉を与えた方がいいのか、与えない方がいいのか、演出を変えてたんだと思う。そもそも、3人で作品の話をしたことないんですよ。僕は世間話程度ぐらいしか話してない!

見上:りのの衣装は松居さんと、スタイリストの望月恵さんが相談しながら作り上げたもので。私はそのスタイリングを着ることで、役をとらえてヒントにしていきました。短パンに関しては、りのがじゅんに黄色いお花を渡すシーンがあるので、それに合わせて色が決まり、象徴的なものになりましたね。

佐藤:一方、僕の場合は、大学生時代はズボン1個に上2アイテムだけだからね。衣装合わせもすぐに終わりました。

見上:でも、エルメスのパジャマを着るシーンがあったよね。

佐藤:ありました、毎日着古したような使用感があって、それも含めてよかったです。

見上:私は田中を不憫だとは思ってなくて。実際、羨ましいとセリフでも言っていますが、自分にないものを持っているりの見ていて楽しいんだと思います。

佐藤:田中が、りのを羨ましいっていうの、憧れとは違うよね。自分はりのみたいになれないのがわかった上での、羨ましさですよね、多分。

見上:いいよな、そういう生き方もっていう意味だと思います。田中は田中で、りのとは違うコミュニケーション能力の高さがあって、彼は彼のままでいいと思います。

佐藤:なんだろうな。でもさっきの続きで、自分の中のダサい部分なんじゃないかと思います。

見上:今まで、こういうダサい役はなかったでしょ?

佐藤:うん、なかった。今回は、演じていてもおかしかったもん。オッケーって出されても、それが本当にオッケーなのかわからない。それが結構今回は多かった気がするな。

見上:松居さんは、佐藤さんを安心させないっていうことすら、計算していそうだよね。私自身は、これまで闇を抱えているような、謎めいた役が多くて。りのもだいぶ変わった人だとは思いますが、こんなに弾けて、こんなにも好き!ってまっすぐ気持ちを伝える役を演じて、陽の部分をめっちゃ引き出されたと思います。

Ai Mikami  2000年生まれ、東京都出身。’19年のデビュー以降、映画、ドラマ、舞台、CMと幅広く活躍。’21年、ドラマ「きれいのくに」(NHK)に出演し、注目を集め、同年に映画『衝動』(土井笑生監督)でダブル主演を務めた。近年の主な出演作に、映画『異動辞令は音楽隊!』(’22年、内田英二監督)、『レジェンド&バタフライ』(’23年、大友啓史監督)、『658km、陽子の旅』(’23年、熊切和嘉監督)、MBS主演ドラマ「往生際の意味を知れ!」(’23年)、Netflix「幽☆遊☆白書」(’23年)、映画『すべての夜を思いだす』(’24年、清原惟監督)、KTV・CX「春になったら」(’24年)、NHK大河ドラマ「光る君へ」(’24年)、CX『Re:リベンジ-欲望の果てに-』などがある。

見上さん着用:キャミソールトップ ¥30,800、スカート ¥59,400、チュールカラー ¥36,300 ミューラル(https://murral.jp/ )/ イヤーカフ ¥10,450 ジュスティーヌ クランケ(ザ・ウォール ショールーム、TEL 03-5774-4001)/ その他 スタイリスト私物

Kanta Sato 1996年生まれ、福岡県出身。2014年に「劇団EXILEオーディション」に合格し、’15年に「劇団EXILE」に正式加入。同劇団の公演「Tomorrow Never Dies 〜やってこない明日はない〜」(’15年、作・演出:上條恒)で初舞台を踏む。主な出演作に、初主演を務めた『イタズラなKiss』シリーズ(溝口稔監督)、『いのちスケッチ』(’19年、瀬木直貴監督)、『花束みたいな恋をした』(’21年、土井裕泰監督)、『軍艦少年』(’21年、Yuki Saito監督)、MBSドラマ「あせとせっけん」(’22年)、舞台『怖い絵』(’22年、作・演出:鈴木おさむ)、『サンソン-ルイ16世の首を刎ねた男-』(’23年、演出:白井晃)、『正欲』(’23年、岸善幸監督、舞台『鴨川ホルモー、ワンスモア』(’24年、演出:上田誠)など

『不死身ラヴァーズ』
長谷部りのは、幼い頃に“運命の相手”、甲野じゅんに出会い、忘れられないでいた。中学生になったりのは、ついにじゅんに再会。後輩で陸上選手の彼に「好き」と想いをぶつけ続け、やっと両思いにーー!しかしその瞬間、彼は消えてしまった。まるでこの世に存在しなかったように、誰もじゅんのことを覚えていないという。しかし高校の軽音楽部の先輩として、車椅子に乗った男性として、バイト先の店主として、甲野じゅんは何度でも彼女の前に現れた。まったくの別人として。その度にりのは恋に落ち、全力で想いを伝える。なぜ、甲野じゅんは何度もりのの前に現れるのか?何度も出会い、何度でも好きだと伝えるりのの恋の結末は。
監督・共同脚本:松居大悟
出演:見上愛、佐藤寛太、青木柚、前田敦子、神野三鈴ほか
東京の「テアトル新宿」ほかにて、全国公開中。ポニーキャニオン配給。
©︎2024「不死身ラヴァーズ」製作委員会 ©︎高木ユーナ/講談社

1 2

RELATED POST

連日満席が続く話題作『i ai』 マヒトゥ・ザ・ピーポー×森山未來×富田健太郎インタビ...
ITS 2023/24、受賞者たちの思考回路。
木越 明に聞いた今、注目のマルチクリエイター <Sari Okura>
Netflixで原案&主演の賀来賢人さんに「忍びの家 House of Ninjas」インタビュー。“ワ...
映画『陰陽師0』山﨑賢人(主演)×佐藤嗣麻子(監督)対談  令和に蘇りし呪術師、安...