【もっと知りたい!フランスの田舎のミュージアム ②】
暮らしに欠かせないメリヤスの産地へ / トロワ編(前半)

フランスの地方には、意外と知られていないステキなミュージアムがいっぱい。
その土地に根づいた伝統工芸、アート、モードと共に、町の魅力も発見してみて。

Musée de la Bonneterie – Troyes
メリヤス産業博物館 – トロワ

シャンパーニュ地方の南部に位置するトロワ。人口6万人ほどの小さな町ですが、19世紀から20世紀にかけ、メリヤス(機械編みによる編み物)産業で“黄金時代”を築いた歴史があります。

この地域で作られたビンテージの靴下。19世紀のもので、凝った刺繍が施されている。Collection ville de Troyes – Musée de la Bonneterie – Photo by Carole Bell

もともとトロワは、中世からテキスタイルで栄えた町。編み機が発明されたのはイギリスですが、ルイ14世の時代にフランスに持ち込まれ、18世紀半ばからこの地域一帯にメリヤス産業が広がりました。1770年、トロワには40のメリヤス製造業者が存在し、1780年代末には1500近くまで増えたそうです。

その後も成長を続け、19世紀の産業革命により、町とその周辺はメリヤスの中心地となります。ポロシャツ、Tシャツ、靴下といったメリヤス製品で知られるラコステ、プチバトー、ディムなどの工場もここに作られました。

19世紀末頃から20世紀前半にかけてトロワで作られた肌着や子供服。壁には細かな数字が並ぶテクニカルシートの展示も。

大きく発展した理由は、品質はもちろん、トロワの発明家たちが編み機の改良に力を注いだこと、更には機械の製造から衣服の製造までと、生産チェーンを構築したことにあります。大戦とアジアからの輸入製品の波、ストッキング離れの影響を受け、産業は衰退していったものの、ここには現在も複数の国際的なブランドの工場があり、重要なメリヤス製品の産地となっているのです。

日々の生活に欠かせない身近な衣類に使われるメリヤス。その歴史をぜひ覗いてみてください。

博物館があるのは16世紀の面影を残す「ボリュイザンの館(Hôtel de Vauluisant)」。館内には国
内外で開発された編み機が年代順に陳列され、メリヤス産業の歴史を伝えている。

18世紀の家内工業の再現。この辺りの農家では冬は家でメリヤスを編んで生計を立てていた。多くの家庭では、男性が重い編み機を操作し、女性は糸を紡ぐなどの軽作業をしていたそう。

家庭にあったのは木製の編み機。ペダルを踏んで機械を動かしていた。

糸を紡ぐ道具などの展示。

電気が通っていない時代、水を入れた丸いガラスの容器に光を集めて手元を照らしていた。

RELATED POST

【2022-’23年秋冬パリコレ vol.3】高橋悠介のCFCLがインスタレーションで新作披露
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.17】クロエは自然と共に
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.21】アンリアレイジの星と星を繋ぐ服とは
パリコレから探る、2022年春夏の気になるトレンドは?
【もっと知りたい!フランスの田舎のミュージアム ①】偉大なクチュリエの創造の源へ ...
【もっと知りたい!フランスの田舎のミュージアム ③】優雅なレースにうっとり/ シャン...
【もっと知りたい!フランスの田舎のミュージアム ②】暮らしに欠かせないメリヤスの産...
ミッドセンチュリー期を中心に扱うヴィンテージショップやギャラリーが集まるイベント...
【もっと知りたい!フランスの田舎のミュージアム ④】サーカスの衣装にフォーカス / ...
グッチ家の知られざる秘話に迫る、スタイリッシュなサスペンス!リドリー・スコット監...
ヴィヴィアン・ウエストウッドから、新作ホームコレクションが登場!
世界へ飛び出した日本人vol.3 田根 剛さん