黒い色に込めたデザインの可能性
noir etoffe 2022SSコレクション

2021.09.07

今回初参加となった「noir etoffe」。デザイナー杉浦直胤は2009年に大阪文化服装学院卒業し、2017年に同ブランドを立ち上げた。

今回ステージを歩くモデルはすべて黒い服。何にも染まらない黒をテーマとし、黒を基調にユニセックス展開でのコレクションを発表した。フリルをふんだんに使ったアイテムはさりげなくゴシックな雰囲気。トレンチコートのバリエーションはメンズライク。色を黒に統一することで、さまざま素材の特性が生かされ、それぞれのデザインに生かされている。
ウエストにサイドを丸くカットオフしたドレスや、胸もとの深いVの開きなど、肌の見せ方が美しい。

ブランド:noir etoffe/ノアールエトフ
デザイナー:浦崎直胤/Naotugu Urasaki

noir etoffe
Instagram:@naotsugu_urasaki

RELATED POST

着こなしの楽しさを提案した、日常スタイルの妙kolor 2022SSコレクション
若きクリエーターたちがこだわるメイド イン ジャパンのモードUCF 2022SSコレクション
クリーンでエレガントな服に宿る女性の強さ support surface 2022SSコレクション
定番アイテムを再解釈したSeivson 2022SSコレクション
ディズニー最新作!史上空前のスペクタクル・アドベンチャー映画『ジャングルクルーズ...
リメイクしたワンピースをメインにした紫コーデ、毘野榛名さん ‐紫ドレスコードスナ...
フリルが目を引くCOMME des GARÇONSのジャケットがポイント、佐藤 桜さん -文化服装...
真っ赤なnoir kei ninomiyaのチュールスカートを差し色にした、Sakuraさん -文化服装...
形や着方を変えて自由に楽しむドレス、HOUGAの2022SS コレクション
ダイナミックなフォルムを描く「RYUNOSUKEOKAZAKI」のファーストコレクション
自意識の仮面が剥がされる、DRESSEDUNDRESSED 2022SS コレクション
着る人の思い出を風景として、naokitomizuka 2022SS コレクション