ディオールは自立した女性のパイオニア世代が着想源に。
2024-’25年秋冬パリ・ファッションウィークより

2024.03.08

2月26日から9日間の日程で2024-’25年秋冬パリ・ファッションウィークが開催され、100以上のブランドが公式スケジュールで新作を発表。今シーズンの必見ブランドやトピックスをご紹介します。

ディオール(DIOR)はチュイルリー公園に特設されたテントでショーを開催。

今シーズン、アーティスティックディレクターのマリア・グラツィア・キウリ(Maria Grazia Chiuri)が着目したのは、1967年にマルク・ボアンの指揮下で誕生したディオールのプレタポルテ・ライン「ミス ディオール(Miss Dior)」です。

©Laura Sciacovelli ©Artist Shakuntala Kulkarni

提案されたのはグラフィックなモチーフが目を引くワードローブで、シグネチャーとなった“Miss Dior”のロゴはボアンが考案したもの。60年代後半は、女性の社会進出が勢いを増していた時代。当時のシルエットに加え、彼のミューズのひとりだったガブリエラ・クレスピの着こなしもインスピレーション源になりました。プロダクトデザイナーとして活躍したクレスピは、キウリにとって、自立した女性のパイオニア世代を象徴する存在なのだとか。

新たな展望に向けたムーブメントを想起させる、フレッシュで快活なコレクションです。

来場者を圧倒したインスタレーションは、インド人アーティストのシャクンタラ・クルカーニによる「竹の鎧」。

Courtesy of Dior

Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

ルイ・ヴィトン × ニコラ・ジェスキエールの10周年にブラボー!2024-’25年秋冬パリ・...
ミュウミュウは個性の成長を反映して移り変わる衣服を考察。2024-’25年秋冬パリ・ファ...
ロエベの繊細でダイナミックなクラフトワークに目が釘づけ。2024-’25年秋冬パリ・ファ...
コム デ ギャルソンのテーマは "怒り"。2024-’25年秋冬パリ・ファッションウィークよ...
豊かな色彩と絶妙なバランス感覚が光るドリス ヴァン ノッテン。2024-’25年秋冬パリ・...
アンダーカバーは映画『PERFECT DAYS』にインスパイアされて。2024-’25年秋冬パリ・フ...
ノワール ケイ ニノミヤの今シーズンは驚くほどカラフル! 2024-’25年秋冬パリ・ファ...
CFCLの日常を豊かにするリズムを生む服とは。2024-’25年秋冬パリ・ファッションウィー...
マメ クロゴウチは陶器の美しさを綿密に表現。2024-’25年秋冬パリ・ファッションウィ...
ブランド・ヒストリーを盛り込んだ新生ラコステの初ショー。2024-’25年秋冬パリ・ファ...
新生クロエのデビューショーはメゾンのスピリットが満載。2024-’25年秋冬パリ・ファッ...
アンドレアス・クロンターラー フォー ヴィヴィアン・ウエストウッドが語る歴史の重要...