DAILY3 有馬千姫

2021.08.03

文化服装学院の学生たちがコーディネートする”obi de boots iki”

東京プロカラーラボから発売されているこの”obi de boots iki”は、そもそも振袖にあわせてデザインされた草履に変わる和装のための靴。シンプルな7㎝ヒールのパンプスに、創業100年を超える京都の老舗メーカーとともに開発している素材で織られたブーツカバーが付いたアイテムです。一見ショートブーツに見えるこの靴は、和装だけに限らず洋服とのコンビネーションもよく、コーディネートにインパクトを与えてくれます。

今回は文化服装学院の学生たち5名が、カジュアルな装いとフォーマルな装いの2パターンを提案。それぞれ個性の光るコーディネートを、10日間続けて紹介します!

フォーマル編 #2 有馬千姫さん

Obi de Boots iki(オビデブーツイキ)
淡雪〜Awayuki〜
¥44,000
(ブーツカバーのみ¥33,000)

氏名:有馬千姫
年齢:18
身長:163
所属:文化服装学院 ファッション工科基礎科
出身地:群馬

ファッションに対してのモットー:
女性的な服でもかっこよく着る。

コーディネートポイント:
ディテールが凝っていて可愛いシャツと、自分で作ったスカートを組み合わせました。

ひとこと自己PR:
無彩色なものを着ることが多いです。

Instagram:@1limi_rm

Snap Team:装苑編集部
Photographs:Jun Tsuchiya(B.P.B.)

RELATED POST

KEEN x noir kei ninomiya コラボレーションUNEEKが発売!
文化服装学院×HOTSOX キックオフミーティング&中間報告会に潜入!
Iittala(イッタラ)のハサミとマグで、クリエイティブなクリスマスを!文化学園の学生...
KIDILLデザイナー末安弘明が語る「情熱を形にし続けた10年間」。15名のKIDILLラバーの...
2024年ゴールデンウィークに訪れたい、最先端の注目ショップ&おでかけスポット情報...
文化服装学院 ファッション高度専門士科× L’OREAL PROFESSIONALによる2023年度 卒業...