何にも邪魔されないからこそ浮かぶ、自己肯定からすべては始まる。『装苑』7月号の特集は「妄想・空想 自己実現のためのイマジネーション」

初めは現実逃避かもしれない。だけど社会や現実から逸脱すればするほど、自分の理想が色濃く見えることがある。
根拠も理由も、もちろん誰かに説明する必要なんてない。
何にも邪魔されないからこそ浮かぶ、自己肯定からすべては始まる。


カバーは蜷川実花さんが撮り下ろした森 七菜さん。長濱ねるさんが抱く、ヴィクトリア時代への憧れを叶える企画ほか、

なりたかった姿で登場するLiSAさん、カネコアヤノさん、BEYOOOOONDSの一岡伶奈さん、前田こころさん、山﨑夢羽さんや映画「Arc アーク」から芳根京子さん、注目の女優、見上 愛さんと宇野亞喜良さんの対談、YOKO FUCHIGAMIと装苑のコラボも!!

特集以外ではCharaさんとSUMIREさんが4年ぶりに装苑誌上で共演したほか、

MFBBでは増田さんがダンディな装いに、装苑男子には清水尋也さんが登場。

例えば寝る前に。誰にも邪魔されず、好き勝手に思いを巡らせる時間が一番楽しいという人は少なくありません。叶わない想いを夢見ることだと考える人もいるでしょうが、実はそれが全てのクリエイティブな活動にとって重要なことだとしたら! 実際に、様々な分野で活動する表現者たちは、好きなことを自由に考えることから、そのすべてを始めているのです。
 
 今号の「装苑」が特集のテーマにした"妄想や空想"は、一般的には現実逃避かもしれません。ですが、現実の枠を超えてイメージすることから、新しいアイデアの種が見つかります。デザイナーでもミュージシャンでも、漫画家でも映画監督でも、誰もしたことがない表現をする人たちの共通点は、他人の評価など気にせず、強い信念を持ち貫くこと。それらを言い換えれば何にも邪魔されず自由にイメージを持てることと、自分を肯定し続けること。新しい提案は空想や妄想から始まっているのだから、自由に、ありえないかもしれないことをもっと楽しみながら考えよう!という提案です。

 カバーで登場するのは森 七菜さん。蜷川実花さんの撮りおろしで、1980年代のある映画作品から空想を広げて、新たにピンクが好きな女の子の世界観を作り上げました。また、今まで空想していたスタイルを実現させる「空想スタイル写真館」では、LiSAさんがカンフーファイターに、カネコアヤノさんがゴスロリ姿で登場するほか、普段から妄想や空想ばかりしているという長濱ねるさんには、本人が憧れ続けていた英国ヴィクトリア時代の、100年前の装具を身に着けて撮影してもらいました。さらには世界的SF作家ケン・リュウの短編小説を、石川 慶監督が映画化した「Arc アーク」で主演を務めた芳根京子さんの撮りおろしとインタビュー、大ヒットドラマ『恋つづ』であの子は誰?と注目を集めた見上 愛さんを撮りおろし、さらには長年憧れていた宇野亞喜良さんと、妄想や女の子について対談しています。
 
 映画『クルエラ』衣装デザイナーのジェニー・ビーヴァンさん、最注目の漫画家、眉月じゅんさん、映像作家、長久 允さん、SFストップモーションアニメ映画監督、堀 貴秀さんの頭の中を覗く企画や、スタイリストをはじめ個性的な表現をする人たちに「私の空想の素」を尋ねた企画など、読者の皆さんがより自分の好きなことを自由に考えることの後押しをする企画が盛りだくさん。そしてロバートの秋山さん扮するYOKO FIUCHIGAMIが、インタビューの中で語った新ブランドを実際に制作してしまう装苑とのコラボ企画まで! 様々なイベントなどになかなか参加できない今ですが、自分の頭の中で、自分だけの世界を楽しむための提案を、お楽しみください。


soen202107_cover.jpeg

『装苑』 2021年7月号
(5月28日発売)
税込定価 748円 文化出版局刊



soen210521b.jpg

撮影:蜷川実花(LUCKY STAR)

One Thousand and One Nights
「蜷川実花と未来の女の子たち vol6 森 七菜」

妄想・空想をテーマにした今号は、まさに毎号そうしたイメージで撮影を続けている連載からスタート。蜷川実花さんの好評連載6回目は、森 七菜さんをフィーチャー!彼女のキュートで明朗なイメージを、1980年代のある映画に重ね合わせて撮り下ろしています。ピンクでいっぱいの世界観、特別な衣装に身を包んだ新しい森 七菜さんの魅力を存分にお届けしています。
大好きなものに囲まれた部屋の中のシチュエーションでは、女の子なら誰しも覚えがある「ひとりファッションショー」をしているかのようなキュートな場面を森さんが演じています。また、特別なパーティを想定したシチュエーションでも撮影。
その場面では、ピンク色コーディネートでファンタジックなドレスに身を包みます。



soen210521c.jpg

撮影:田中雅也(TRON)

みなさんの"なりたかった"を装苑が実現!
空想スタイル写真館

誰もが一度は○○になりたい、そんな願望を胸に日々を送っているはず。『装苑』誌上に突如現れた架空の写真館は、そんなふうに皆が心にしまっている変身願望や空想を、ハイクオリティなテクニックを用いて実現し素敵な写真におさめてくれる、その名も「空想スタイル写真館」。
来店したのは、今をときめく5組のお客さま。LiSAさんは存在に惹かれるという世界一強いカンフーファイターに、カネコアヤノさんは憧れ続けていたゴシックロリータに変身! そのほかにも『装苑』初登場で、"想像以上にやり切るアイドル"BEYOOOOONDSから、一岡伶奈さん、前田こころさん、山﨑夢羽さんの3名が、アンティークのフランス人形姿を披露してくれました。CHAIのメンバー、マナさん、カナさんは、'90年代アニメキャラファッションに、装苑モデルのSUMIREさんは、まるで絵のような可憐さに心奪われる町娘姿に。今まで見たことない彼女たちの姿は、一見の価値あり!!



soen210521d.jpg

撮影:田中雅也(TRON)

ロンドンの服飾博物館で恋に落ちた
「長濱ねる ヴィクトリア時代への想い。」

長濱ねるさんの頭の中に広がる妄想と空想。その源にあるねるさんの"好き"は、ロンドンにある服飾博物館「ヴィクトリア&アルバートミュージアム」(V&A)で出会った、100年以上前の中世ゴシック・ヴィクトリアンレディたちの装い。V&Aで手に入れた大判の図録やファッションイラストの画集などを大切にしていて、そのページをめくるたびにときめくという。女性の体に沿う芸術的な美しさのコルセットと、それに対比するようにクリノリンで華やかなボリュームに膨らんだスカート。儚いほどに繊細なレースの手袋やヘッドドレス......。そこで今回は、長濱ねるさんが恋する「クラシックレディ」の装いにチャレンジ!コルセットやレースのブラウス、クリノリンなどヴィクトリア時代の本物をもちいて、ねるさん仕様にアップデートしたスタイリングで、レディねるさんの登場です! どうぞお見逃しなく。



yoko210524.jpg

アートディレクション:大島慶一郎
撮影:田中雅也(TRON)

YOKO FUCHIGAMIと『装苑』から生まれた新ブランド⁉
"JOKIN FUCHIGAMI"を装苑モデルが着用してお披露目‼
「YOKO FUCHGIGAMIの妄想をカタチにする力」

妄想・空想がテーマなら、この人に声をかけずにどうする!ということで、ロバートの秋山竜次さんが「クリエイターズ・ファイル」で演じる人気キャラクター、YOKO FUCHIGAMIさんにご登場いただきました。『YOKO FUCHIGAIMの妄想をカタチにする力』と題した6ページは、アートディレクター大島慶一郎さんによるインパクトのあるビジュアルにはじまり、京都国際映画祭でも対談し、6月4日(木)からNetflixにて全世界独占配信される「クリエイターズ・ファイル GOLD」でもご一緒させていただいた「装苑」編集長が独占インタビュー。 まるでトークショーのような笑いの絶えない取材中に出てきた、コロナ禍の世の中をストレートに表現した新ブランド、"JOKIN FUCHIGAMI"を『装苑』チームが制作! そして「装苑」専属モデルのSUMIREとモトーラ世理奈が着用して撮影‼ YOKOさんのインスピレーションが炸裂しまくるインタビューから、最新作の披露までを、ぜひ「装苑」7月号誌上にてご確認ください!



soen210521h.jpg

撮影:堀越照雄(TRON)

ファッションが可能にする自由な発想とは?
「空想を纏うものに」

デザイナーの妄想とそのイメージに焦点をあてた、ファッションページ。あらゆるデザインは想像することから始まっており、ファッションのデザインにおいてもそれは変わらないもの。ひとつのもの作りをするために、デザイナーたちはどんな想像をしたのか?どんなことに影響されているのか?それらをストレートに表現した日本ブランドのインパクトあるファッションスタイルをデザイナーの言葉とともに展開します。決して日常的ではないかもしれないし、機能的とも言えないかもしれない。それでも形にしたかったのだと感じられる8つの空想とそのモード。



210421_SEN2133.jpg

特別公開・誌面掲載外カット
撮影:神藤 剛

映画 『Arc アーク』 の空想世界へ
永遠の命は妄想か?

世界的SF作家ケン・リュウの同名短編小説を、芳根京子さんを主演に迎えて『愚行録』の石川 慶監督が映画化した『Arc アーク』(6月25日公開)。不老不死が実現した近未来を舞台とした本作の、セットや衣装などを含めた「空想とものづくりの関係」をひもとく。『Arc アーク』の世界観をイメージした芳根京子さんの撮り下ろしを行い、芳根さんが涙を流す印象的なカットなどを掲載。誌面上で、自由を求めていた19歳と、ストップエイジングによる不老化処置を受けた30歳の「リナ」を演じ、インタビューでは、自身の表現の「核」を語る。また、美術の我妻弘之と衣裳の高橋さやかのインタビュー、石川 慶監督と原作者ケン・リュウの対談を収録。対談では『Arc アーク』創作秘話や、若いクリエイターへのメッセージを届ける。



soen210521g.jpg

撮影:宮原夢画

独自の世界観を持つ2人のビジュアルコラボ
「東佳苗×飯島久美子の妄想 あの×rurumu:」

一点もののハンドメイドブランド「縷縷夢兎」のプレタポルテラインとして発信されている「rurumu:」が2021-22秋冬コレクションで初のランウェイショーを開催。そのショースタイリングを手がけたのが飯嶋久美子さん。豊かな想像力を持ち、独自の世界観をクリエイションに落とし込む2人の誌上ビジュアルコラボレーションが実現した。「rurumu:」のコレクションイメージとなっている"魔女"とリンクさせて、魔法陣や祭壇からインスピレーションを得た空間でファッションシュート。そして、モデルを務めたのは、アーティスト、モデル、女優として活躍中の"あの"さん。独特な雰囲気とセンスで今世代に新しいタレント像を打ち出している、彼女が新鮮な雰囲気で着こなします。



クリエイターはどのように
オリジナルの世界観を生み出す?
「あの人のアタマノナカが見たい

今までに出会ったことのないような、わくわくするクリエーションの数々......。どんな自由な発想から、そうした作品世界は生み出されるのか、クリエイターのアタマノナカをほんの少しだけ覗かせていただきました! 「101匹わんちゃん」に登場する白黒ヘアが魅力的なヴィランの誕生秘話、映画 『クルエラ』でファンタジックな衣装を担当したデザイナーのジェニー・ビーヴァンさんをはじめ、ディストピア×ロマンスの世界を描いた『九龍ジェネリックロマンス』で最注目の漫画家、眉月じゅんさん、WOWOWオリジナルドラマ『FM999 999WOMEN‛S SONGS』で女って何?という疑問をユーモラスに描写した映像作家、長久 允さん、奇妙でほのぼのとした世界観が独創的な、SFストップモーションアニメ映画『JUNK HEAD』の監督、堀 貴秀さんの4名にフォーカス。彼らの妄想の種やインスピレーションからどのように作品が出来上がるのか、クリエイターの卵必読の企画です。



soen210521i.jpg

撮影:大野隼男(L)

妄想全開!架空の神様をメイリンが演じる
「松野仁美 ジャパニーズ・サイケデリック・ゴッド」

『装苑』5月号の表紙をはじめ、様々な企画でオリジナルなヘア&メイクを見せてくれる、ヘア&メイクアップアーティストの松野仁美さん。ヘッドピース・クリエイターとしても活動する彼女が制作した幻想的なヘッドピースを、ZOMBIE-CHANGのメイリンがまとい、アートディレクターの丸井"Motty"元子さんがコラージュして、妄想全開のサイケデリックな架空の神様を具現化しました。クリエイターが欲しいと望む3つの願いをかなえてくれるファッショナブルな神様を、みんなもあがめてみて!



2.jpg

撮影:草野雄大

コボラから生まれた"刺繍"のハット&ネックレス。
装うまっすーの姿は現代のサムライ・ジェントルマン⁉
MFBB vol.19 「刺繍」 増田貴久(NEWS)×田中大資

今回のテーマは「刺繍」です。装苑でもお馴染みの刺繍作家としても活動し、得意の刺繍を生かした自身のブランド"tanakadaisuke"も大人気のデザイナー田中大資さんをゲストクリエイターにお招きしました。増田貴久さんのクラシックなジェントルマンにしたい!というアイデアから、その主役に据えるアイテムはハットに決定。そこに田中さんが武士のよろいかぶとから着想を得たというモダンで繊細な手刺繍をほどこし、芸術的なコラボレーションアイテムが完成しました。刺繍によって誕生したハットとネックレスを見事に装うジェントルまっすーにご注目ください!



soen210521a.jpg

アートワーク:M!DOR!
撮影:土屋純(文化出版局)

3名の作家が妄想・空想をテーマに
掌編小説と詩を創作
「空想想像ANTHOLOGY」

3名の作家が、それぞれの空想や想像力、あるいは危険な妄想をテーマに書き下ろしの掌編小説と詩を創作するオムニバス企画。参加作家は、アンジュルムやBEYOOOOONDS、モーニング娘。などの楽曲の作詞で知られ、近年では小説家としても活躍する児玉雨子さん(寄稿文タイトル「アンリアル・エステート」)。そして2021年発表の芥川賞で「旅する練習」がノミネートされ、先週発表されたばかりの第34回三島由紀夫賞を受賞した乗代雄介さん(寄稿文タイトル「八月七日のポップコーン」)。文壇に彗星の如く現れ、多方面でその才能が評価される詩人の文月悠光さん(寄稿文「終わりのない」)。文章に合わせたビジュアルを、気鋭のコラージュアーティストM!DOR!が手がけます。



soen210521f.jpg

撮影:TOKI

半分少女で半分大人。と語る二十歳の彼女が
内包する揺らぎ、迷い、強さ、憧れ、切なさ......
少女特有の感情を映し出した
「半分少女」  女優 見上愛

新星のごとく現れた最近とても気になる女優、見上 愛さん。昨年の大ヒットドラマ『恋つづ』であの子は誰?と注目を集め、今年は出演映画『キャラクター』(6月11日公開)、『プリテンダーズ』、そして倉 悠貴とのW主演映画『衝動』が公開を控えている。まさに今注目すべき彼女だが、芸術を学び、元々は舞台演出を志していたという。クリエイターマインドが溢る彼女が、その作品たちをこよなく愛し、尊敬してやまない憧れの存在が、宇野亞喜良さん。普段は明るく笑顔が印象的な彼女も宇野さんの描く少女たちのように、その美しさに内包されたダークさやシュールさもある。そんな彼女の中の彼女を映した写真にあわせて見上さんに言葉の創作を、さらにその言葉を宇野亞喜良さんにデザインしていただきました。また二十歳の見上さん×87歳の宇野さんの対談も実現! 妄想と少女という存在を巡るお話も、ぜひ本誌でご一読ください!



インスピレーション源は人それぞれ。
個性を表現する人たちにたずねた「私の空想の素」

制限のない中で生まれた自由な空想こそが、私たちに豊かな発想をもたらしてくれるのではないかという思いから、20名の表現者たちに「あなたの空想を高めてくれるものやことは何ですか?」と問いかけ、 一人一人にとっての『空想の素』をご紹介いただきました。そして、その『空想の素』から実際にどんな空想を繰り広げているのかについても語っていただいています。そこには日常をより楽しくするヒントが隠されていたり、作品のインスピレーション源があったりと様々。それぞれの個性豊かな空想にもご注目ください。
 
(ご登場いただいた方々・ページ順・敬称略)
M!DOR!、伊藤万理華、小谷実由、モーガン茉愛羅、ソノダノア、藤澤ゆき、長井 短、諭吉佳作/men、イ・ラン、佐々木莉佳子、青木明子、アオイヤマダ、前田エマ、中瀬 萌、真舘晴子、枝 優花、脇田あすか、 相澤 樹、Oyui、中村桃子



soen210521e.jpg

撮影:矢吹健巳(W)

本誌では母娘で4年ぶりの共演
Chara & SUMIRE
CHANEL 継がれてゆくもの

アーティストとしてはもちろんのこと、ファッションやライフスタイルにおいても女性の憧れる存在であるCharaさんと、モデル、女優業においてもますます活動の場を広げ始める装苑モデルのSUMIREさんが、2017年以来、本誌4年ぶりの共演!シャネルの「11.12」のバッグを手にホワイト、ピンク、ブラックをベースにした夏コレクションを着こなします。テーマは「継がれてゆくもの」。母親から娘に継がれるもの、こと、思い。母娘だからこそわかる、身近なところにありました。フォトジェニックな2人の距離を感じられる温かなストーリーフォトになっています 。



003487890010_1 (1).jpg

撮影:赤木雄一
(eight peace)

そのままの彼が見たい!
ニュートラル・モードを装って
装苑男子vol.40 清水尋也

6月4日に公開される劇場アニメ『映画大好きポンポさん』で声優にチャレンジし、主役ジーンの座を射止めた俳優 清水尋也さん。さらに話題の映画『東京リベンジャーズ』も7月9日に公開を控え、勢いが止まらない。俳優としてこれまでも驚くほど濃厚で多様な人生のキャラクターを見事に演じてきた、まさに演技派若手俳優の筆頭ともいえる存在だ。その日本人離れしたスタイルのよさは周知だが、彼自身がまとう独特の温度とムードも相まってカメラの前に立つ彼のオーラはとても特別だ。同時に、ファッションもものにしてしまう、その美しと表現力を誌面でも堪能してください。また二十歳を超え、大人の俳優としての覚悟も語ってくださっているインタビューもぜひ読んでいただきたい内容です。



SOEN_0044_04fn_rgb.jpg

撮影:間仲 宇

PLAY A SENSATION
Vol.40
吉田ユニ×中島セナ

様々なジャンルで活躍する個性豊かな方に登場してもらうこの連載。第40回を迎える今回は、わずか11歳でモデルとして注目を集めて以降、あらゆる雑誌や広告で活躍し、現在"ポカリスウェット"CMなどでもお馴染みの少女、中島セナさん。装苑でも数々のビジュアル企画でモデルを務めてくれており、また、近年では女優としても注目の存在。そんな中島さんには今回、お花のピアスで装飾させてもらいました。透明感のある、神秘的な表情の彼女の雰囲気を引き立てる4種類のピアス。通常よりちょっと大きめサイズで、期間限定のアクセサリーとなっていますが、とてもよく似合っています。



「妄想・空想 自己実現のためのイマジネーション」

◆One Thousand and One Nights 
 蜷川実花と未来の女の子たち 
 第六夜:森 七菜
◆空想スタイル写真館 
 LiSA/SUMIRE/カネコアヤノ/マナ、カナ(CHAI)、
 一岡伶奈、前田こころ、山﨑夢羽(BEYOOOOONDS)
◆あの人のアタマノナカが見たい
 ジェニー・ビーヴァン/長久 允/眉月じゅん/堀 貴秀
◆ヴィクトリア時代への想い 長濱ねる
◆空想を纏うものに
 モモコ チヂマツ/モトヒロ タンジ バイ ニットオールトゥギャ
ザー/ジェニーファックス/フミカ_ウチダ
 ピリングス/ファセッタズム/ナオキトミヅカ/リコール
◆東 佳苗と飯嶋久美子の妄想
 solitary witchs あの × rurumu:
◆ YOKO FUCHIGAMIの妄想をカタチにする力
◆映画『Arc アーク』の空想世界へ  永遠の命は妄想か? 
 芳根京子/ケン・リュウ × 石川 慶 ほか
◆松野仁美 ジャパニーズ・サイケデリック・ゴッド 
 Meirin(ZOMBIE-CHANG)
◆空想想像ANTHOLOGY
 児玉雨子/文月悠光/乗代雄介
◆半分少女 女優 見上 愛
 宇野亞喜良 × 見上 愛 
 女の子の存在と、自己肯定について語りたい。
◆私の空想の素
 M!DOR!/伊藤万理華/小谷実由/モーガン茉愛羅
 ソノダノア/藤澤ゆき/長井 短/諭吉佳作/men
 イ・ラン/佐々木莉佳子/青木明子/アオイヤマダ
 前田エマ/中瀬 萌/真舘晴子/枝 優花/脇田あすか
 相澤 樹/Oyui/中村桃子
◆Chara & SUMIRE  CHANEL 
 MOTHER & DAUGHTER  継がれてゆくもの
◆このブランドの製図が見たい! vol.38 オウシーナン

REGULARS 他
◆PLAY A SENSATION vol.40 中島セナ 
◆MFBB vol.19   EMBROIDERY
 増田貴久(NEWS)×田中大資(tanakadaisuke)
◆装苑男子 vol.039  清水尋也
◆杉咲 花の言葉と写真 蜜の音  vol.035 「萌芽」

※『装苑』7月号は、5月28日(金)発売です。全国書店にてお求めください。
もし店頭にない場合は、書店店舗にて直接ご注文いただくか、下記オンライン書店などをご利用ください。






※本サイトの掲載画像を許可無く、複製、配布、貸与、変造するなど、第三者の利用に供することを禁止します。



MORE FASHION CONTENTS

  • What's new

    最新記事

  • Ranking

    人気記事

What's new

ranking

Calendar

開催中のイベントをチェックしよう

And More

MAGAZINE

最新号の詳細はこちら