• HOME
  • MUSIC
  • 「TWS(トゥアス)」SEVENTEENの弟分グループが...

「TWS(トゥアス)」SEVENTEENの弟分グループがついにデビュー。
韓国で開催されたショーケースをレポート!「パーフェクトアイドルになります!」

2024.01.23

トークセッション

(P)&(C) PLEDIS Entertainment

――デビューの感想は?

(P)&(C) PLEDIS Entertainment

SHINYU (シンユ)一生懸命準備してきたので、この日を待ち望んでいました。「今年最高の期待の星」と言っていただいていますが、そこから「今年最高の新人」と呼ばれるように頑張ります!気持ちの良いエネルギーをお届けできるグループになっていきたいです。

(P)&(C) PLEDIS Entertainment

DOHOON (ドフン)デビューという目標に向かって汗を流してきました。それが無駄にならないよう、さらに輝きたいです。今日、もっと頑張ろうと覚悟を決めました。もっと成長します。

(P)&(C) PLEDIS Entertainment

YOUNGJAE (ヨンジェ)9歳の頃からダンス教室に通いながら、夢を追っていました。今日、その夢が叶ったことを実感しています。この気持ちを忘れずに、一生懸命頑張ります。

(P)&(C) PLEDIS Entertainment

HANJIN (ハンジン)これからも一生懸命頑張る姿をお見せします!

(P)&(C) PLEDIS Entertainment

JIHOON (ジフン)TWSというグループで、この6人が一つになるまで経験した思い出が大切です。これから、たくさんの人に愛されるグループになっていきます。

(P)&(C) PLEDIS Entertainment

KYUNGMIN (ギョンミン)子供の頃からの歌手になるという夢を叶えて、ドキドキして胸がいっぱいです。これからお見せしたいものがたくさんあるので、期待していてください。世界中の方々がTWSの曲で幸せを感じてほしい。幸せなエネルギーをお届けしたいです。

――グループ名に込められた意味は?

DOHOON (ドフン)「TWENTY FOUR SEVEN WITH US」の略で「いつもTWSと一緒に」という意味と同時に、良いエネルギーと音楽で、平凡な日常を楽しくしてくれる友達、という意味も込められています。

――「plot twist」については?

YOUNGJAE (ヨンジェ)初めての出会いはドキドキしますし、緊張しますよね。僕も今日同じ気持ちです。ときめきと緊張感、これから一緒に過ごす時間への期待を同時に抱いた、さわやかでピリッとした曲だと思います。

KYUNGMIN (ギョンミン)MVは、清涼な学園モノというコンセプトで制作されました。教室やバスケットコートなど学校の様々な場所で撮影された、さわやかさと初々しさを感じられる映像です!

JIHOON (ジフン)「Boyhood Pop(ボーイフッドポップ)」は、日常に美しい感傷を呼び起こす、幻想的で感覚的なTWSならではの音楽ジャンルです。少年時代の自然な物語を織り込んでいきたいです。

――「Oh Mymy:7s」について教えてください。

HANJIN (ハンジン)「7秒以内に自分の魅力を見せる」という自信が楽曲になっています。

SHINYU (シンユ)爆発的なパフォーマンスが必要な曲です。今日のパフォーマンスでカル群舞の衝撃をお届けできたのではないでしょうか。

(P)&(C) PLEDIS Entertainment

――「さわやか」「清涼」というコンセプトで、他グループと差別化するポイントは?また、SEVENTEEN先輩からの励ましなどはありましたか?

SHINYU (シンユ)僕たちの持ち味は、6人のシナジーで表現する立体的な声量と青々しさです。先輩たちのいいところは真似しようと思っています。

DOHOON (ドフン)SEVENTEEN先輩には、おいしいものをたくさんおごっていただいて、心も体も元気に練習に励むことができました。

HANJIN (ハンジン)牛肉をおごってもらったんです。僕とKYUNGMIN(ギョンミン)が一番食べました。先輩、またたくさんおごってください!(笑)

(P)&(C) PLEDIS Entertainment

――周囲の期待値が高く、プレッシャーを感じていませんか?SEVENTEENと異なるどんな修飾語が欲しいですか?

SHINYU (シンユ)プレッシャーがあるだけに、もっと上手くなりたいという欲求が湧いています。気持ちの良いプレッシャーです。成長のエンジンとなるプレッシャーだけに、その期待に応えられるグループになりたいです。

YOUNGJAE (ヨンジェ)TWSが練習を終えて覚悟するモットーがあります。それは、昨日より今日、今日より明日というもの。そのモットーを覚悟し続け、「パーフェクトアイドル」と修飾されるようになりたいです。

――SEVENTEENは「自主制作ドル」(楽曲制作、振り付け、コンサート演出までを自ら行うアイドルのこと)として有名です。その弟分であるみなさんはどんな準備をしていますか?また、今、最もアピールしたいポイントは?

JIHOON (ジフン)K-POPの世界には多くの先輩がいらっしゃいますが、僕たちは、さわやかさの中にもエネルギーを感じさせるパフォーマンスを得意としています。

KYUNGMIN (ギョンミン)自主制作ドルとして有名なSEVENTEEN先輩の後輩としてデビューできて、本当に光栄です。音楽的にも頑張っていますので、これからも見守っていてください。


TWS(トゥアス)
Instagram:@tws_pledis
WEB:https://tws-official.jp/

1 2

RELATED POST

「TWS」日本初ショーケースをオリジナル写真盛りだくさんでレポート! 「SEVENTEEN先輩...
SEVENTEEN記者懇談会をほぼ全文レポート。ベストアルバム「17 IS RIGHT HERE」や2024年...
JO1がBlu-rayシングル『Your Key』をリリース
TOMORROW X TOGETHERデビュー5周年を祝う日本初開催のファンライブをレポート! ファン...
【撮り下ろし】&TEAM(エンティーム)「五月雨(Samidare)」ショーケースレポート...