【SS2023パリコレ・メンズ】待望の日本勢の活躍
vol.7 サルバム

2022.07.01

6月21日から6日間の日程で開催された2023年春夏パリ・メンズ・ファッションウィーク。今期はコロナが収束する中、リアルなショーとプレゼンテーションが大幅に復帰し、公式カレンダーの84ブランドのうち、デジタル発表にとどまったのは6ブランドのみ。特に日本勢の活躍が目覚ましく、パリがファッションの国際都市として活気を取り戻したシーズンになった。

SULVAM
サルバムはアトリエ前でストリートショー

今年1月にフランス法人を立ち上げたサルバムは、先シーズンからパリでリアル・プレゼンテーションを行っている。コロナ禍の中、果敢に挑戦する姿勢を見せたデザイナーの藤田哲平は、マレ地区に開いたアトリエ兼ショールームを拠点に、フランスにおける新たな構想を着々と進めているのである。

プレゼンテーションが行われたのは、アトリエの前の路地。通りを行き交う人たちも足を止め、自由な空気の中で歩くモデルたちに見入っていた。

登場したテーラードジャケットやコートはヘムが左右非対称で、切りっぱなしの裏地の裾がひらひらと風になびく。“未完成のデザイン”はこのブランドらしさだ。裁断で余った生地を装飾したものもあり、ロックミシンのステッチやほつれた糸が着る人の味を引き出す。春夏の今シーズンはハーフパンツも提案され、定番のギャバジンやブロードに加え、軽やかなデニムや大柄のチェックが用いられた。

パリコレ公式プログラムでは、アトリエ周辺やセーヌ川のほとりなど、パリの街を背景に4人の若者を撮影したサルバムのコレクションムービーも公開。ぜひこちらもチェックを。

Text : B.P.B. Paris