【2022-’23年秋冬パリコレ vol.9】
ロエベはシュールな作品が満載

2022.03.08

2022-’23年秋冬パリ・ファッションウィークが開催。
必見コレクションや話題になったことなど、今シーズンのハイライトをご紹介します。

ロエベ(Loewe)のクリエイティブディレクター、ジョナサン・アンダーソンのクリエイションは、ますます自由な方向へ。会場入り口には、アンセア・ハミルトンによる作品「アクエリアス」(2010)の複製を設置。場内の正方形の空間には、同アーティストとロエベが共同で制作したレザーのオブジェ「ジャイアント・パンプキン」(2022)が展示されました。

コレクションは、車やヒールの形が浮かび上がるストレッチ素材のドレス、唇形の胸当てやバルーン・ブラ、ボディをモチーフにしたトロンプルイユ・プリントなど、奇想天外なアイデアが満載。既成概念にとらわれないシルエットを見せるシュールリアルな作風で、現代アートを鑑賞しているかのようでした。

「ジャイアント・パンプキン」(2022)が置かれたショー会場の様子。©B.P.B. Paris

左サイドの男性が写された作品が「アクエリアス」(2010)の複製。©B.P.B. Paris

Text : B.P.B. Paris

RELATED POST

【2022-’23年秋冬パリコレ vol.5】ドリス ヴァン ノッテンの魅惑の世界に陶酔
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.8】リック・オウエンスは香りのスモークの中でのショー
ルイ・ヴィトン渋谷メンズ店が、NIGO®の世界観を反映した特別な空間に!
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.10】シャネルはツイードに捧げたコレクション
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.7】イッセイ ミヤケは植物の美しさや力強さを表現
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.1】ファッションウィーク開幕に際して
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.3】高橋悠介のCFCLがインスタレーションで新作披露
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.4】ディオールはヘリテージとテクノロジーが融合
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.2】ボッターは独自のスタイルで反戦を表現
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.6】アクネ ストゥディオズは修繕の美しさを追求
映画『ちょっと思い出しただけ』公開目前!映画監督・松居大悟×俳優・池松壮亮対談。...