【パリの私スタイル】vol.68
フレアデニムをロックな雰囲気にリメイク

パリの街角で出会った自分流のおしゃれを楽しむ人たちをご紹介。
日々のスタイリングの参考にしてみて!

2024年春夏パリ・メンズコレクションにて。

「コシェ(KOCHÉ)」のショー会場にいたルイさんは、ファッションスクールに通う学生。パリコレ期間中は様々なショーを観察するために、会場をまわっているのだとか。ロックな雰囲気の彼はウルフカットとサングラスがお似合いです。身につけている服は、すべてアップサイクルによる手作りなのだそう。何層にも切り込みを入れたフレアジーンズが、独自性のあるスタイルをぐっと引き立てています。

Photographs & Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

SEVENTEEN記者懇談会をほぼ全文レポート。ベストアルバム「17 IS RIGHT HERE」や2024年...
平安中期は位が高いほど裸に近かった!?『陰陽師0』の衣装デザインを、伊藤佐智子さん...
藤原季節インタビュー。「宝物のような映画」、『東京ランドマーク』のかけがえのない...
Susan Alexandraのビーズバッグ 今欲しいトレンドアイテムを 装苑オンラインがセレクト...
窪塚愛流×蒔田彩珠 特別すぎる7日間を描く『ハピネス』を演じて得た初めての感覚。ロ...
オリヴィエ・サイヤールが監修、ITSファイナリストの作品展「服の幾多の人生」開催
Perfumeが語る「私たちの衣装」Perfume COSTUME MUSEUMトークイベント「Another Costu...
「TWS(トゥアス)」SEVENTEENの弟分グループがついにデビュー。韓国で開催されたショ...
見上愛×佐藤寛太、映画『不死身ラヴァーズ』インタビュー。何度出会っても君が好き!...
いよいよパリ五輪。スポーツウェアはモードの最先端を走る!?
文化服装学院×HOTSOX キックオフミーティング&中間報告会に潜入!
奥平大兼のジャケットマスターへの道!vol.3 縫製編