【パリの私スタイル】vol.70
お手製のデニムのセットアップがステキ!

パリの街角で出会った自分流のおしゃれを楽しむ人たちをご紹介。
日々のスタイリングの参考にしてみて!

2024-25年秋冬パリコレクションにて。

文化服装学院の専任講師、鄭 慈媛(ジョン・ジャウォン)先生がパリコレを視察。おしゃれ上級者の鄭先生は、ショー会場の前でたくさんのカメラを向けられていました。この日に着用していたデニムのセットアップは、なんとお手製!ご友人の結婚式の時に作ったもので、韓国の伝統衣装がイメージソースに。合わせたバッグはアクネ ストゥディオズ(Acne Studios)、ベレー帽はマリーン セル(Marine Serre)。キリリと締めたネクタイとハサミのネックレスがポイントです。

Photographs  :  Chieko Hama(濱 千恵子)
Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

SEVENTEEN記者懇談会をほぼ全文レポート。ベストアルバム「17 IS RIGHT HERE」や2024年...
ILLITがスペシャルなパフォーマンスを披露したAcne Studios 2024年春夏キャンペーンイ...
平安中期は位が高いほど裸に近かった!?『陰陽師0』の衣装デザインを、伊藤佐智子さん...
PAMEO POSEのキャップ今欲しいトレンドアイテムを 装苑オンラインがセレクト!   ー エ...
藤原季節インタビュー。「宝物のような映画」、『東京ランドマーク』のかけがえのない...
窪塚愛流×蒔田彩珠 特別すぎる7日間を描く『ハピネス』を演じて得た初めての感覚。ロ...
モトーラ世理奈とHIMIが表紙を飾る『装苑』7月号は古着特集!
Acne Studios(アクネ ストゥディオズ)がホリデーポップアップを開催。新しいモノグラ...
偏愛映画館 VOL.43『PERFECT DAYS』
偏愛映画館 VOL.42『TALK TO ME/トーク・トゥ・ミー』
オリヴィエ・サイヤールが監修、ITSファイナリストの作品展「服の幾多の人生」開催
Perfumeが語る「私たちの衣装」Perfume COSTUME MUSEUMトークイベント「Another Costu...