【パリの私スタイル】vol.61
オーダーメイドのホワイトジャケットが爽やか

パリの街角で出会った自分流のおしゃれを楽しむ人たちをご紹介。
日々のスタイリングの参考にしてみて!

2023-’24年秋冬パリ・メンズコレクションにて。

オム プリッセ イッセイ ミヤケ(HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE)のショー後、撮影に応じてくれたザカリアは南スーダン出身のモデル。スタイル抜群、多数のランウェーで活躍中の彼は、ストリートでも強烈な存在感を放っていました。この日の私服はブラックとホワイトのコーデ。ライダースの上に羽織った軽やかなコットンジャケットはアフリカでオーダーメイドしたという一着です。きちんとボタンを留めた清潔感のあるシャツもGood!

Photographs & Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

SEVENTEEN記者懇談会をほぼ全文レポート。ベストアルバム「17 IS RIGHT HERE」や2024年...
平安中期は位が高いほど裸に近かった!?『陰陽師0』の衣装デザインを、伊藤佐智子さん...
エイポック エイブル イッセイ ミヤケの未来へ向かうものづくり。インスタレーション第...
今欲しいトレンドアイテムを 装苑オンラインがセレクト!   ー エンドレス試着室 ー
藤原季節インタビュー。「宝物のような映画」、『東京ランドマーク』のかけがえのない...
モトーラ世理奈とHIMIが表紙を飾る『装苑』7月号は古着特集!櫻坂46 藤吉夏鈴など登場...
窪塚愛流×蒔田彩珠 特別すぎる7日間を描く『ハピネス』を演じて得た初めての感覚。ロ...
オリヴィエ・サイヤールが監修、ITSファイナリストの作品展「服の幾多の人生」開催
「TWS(トゥアス)」SEVENTEENの弟分グループがついにデビュー。韓国で開催されたショ...
anrealage homme(アンリアレイジ オム)森永邦彦による話題のデビューコレクションを...
文化服装学院を卒業し、技術で勝負するパターンのプロフェッショナルたち 2