【パリの私スタイル】vol.38
ブラックハットで遊んだカジュアルスタイル

この街にいると、思わず目で追いたくなるおしゃれな人によく出会う。
自分流におしゃれを楽しむ人たちを毎週ご紹介!

チュルビゴ通りにて。

ダブレット(doublet)のショー会場にいたジャスは、ミラノ在住のエストニア人。メンズ・ファッションウィークでパリに来ていたモデルさんです。すらっとした長身の彼は、ラフに被った黒いハットがとてもお似合いで、ひときわ目を引いていました。カジュアルなロエベのスウェットパーカーに、ゆったりとしたジーンズを合わせた気負わないおしゃれ加減がグッド。アンティーク調のリングと腰につけたバンダナもポイントです。

@jassreemann

Photographs:濱 千恵子 Chieko Hama
Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

一点で主役級のファーアイテム2024冬トレンド 「エンドレス試着室」#78
心身の癒しをサポートするダブレットの服。2024-’25年秋冬パリ・メンズファッションウ...
【パリの私スタイル】vol.70お手製のデニムのセットアップがステキ!
エイポック エイブル イッセイ ミヤケの未来へ向かうものづくり。インスタレーション第...