【パリの私スタイル】vol.33
シャツのコーデが光るスケーター

この街にいると、思わず目で追いたくなるおしゃれな人によく出会う。
自分流におしゃれを楽しむ人たちを毎週ご紹介!

エティエンヌ・マルセル通りにて。

スケートボードのショップ「Le 39」の前で、ボードに乗っていたテオフィルくんは17歳の高校生。爽やかな雰囲気に加え、チェックのシャツを斜めに巻いた個性的な着こなしが目を引きました。シャツは古着、真っ赤なTシャツは若者に人気のストリートブランド「ウェステッド パリス(WASTED PARIS)」で購入したもの。少し大きめのジーンズは裾を短くカットして、「ヴァンズ(VANS)」の定番スニーカーとの相性もバッチリです。

Photographs:濱 千恵子 Chieko Hama
Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

ラウールさん(Snow Man)、ジヒョさん(TWICE )などが来場!AMI PARIS 2024秋冬ファ...
アミ パリスはパリジャンのエレガンスを再定義。2024-’25年秋冬パリ・メンズファッシ...
Ann Demeulemeester(アン ドゥムルメステール)2024-25年秋冬コレクション。
エイポック エイブル イッセイ ミヤケの未来へ向かうものづくり。インスタレーション第...
世界最高峰の縫製ハサミを目指して。「貝印」と日爪ノブキさんが共同開発した『Ō』、...
「イッセイ ミヤケ 」のパリ新旗艦店がオープン。デザインを手掛けたのは吉岡徳仁
プルミエール・ヴィジョン・パリ、2025年春夏のトピックスは!?
感覚を彫る、イリス・ヴァン・ヘルペンの回顧展