• HOME
  • FASHION
  • NEWS
  • SUMIRE、モトーラ世理奈が装苑モデルを卒業!『...

SUMIRE、モトーラ世理奈が装苑モデルを卒業!
『装苑』7月号の特集は「ファッションとミューズ」

2023.05.22

撮影:亀井隆司

『装苑』2023年7月号の特集は
ファッションとミューズ

2014年からのSUMIRE、2016年からのモトーラ世理奈の2名がこの号で装苑モデルを卒業!
懐かしの写真などとともに、それぞれの想い溢れるインタビューの掲載、
スタイリストのミューズとして池田エライザさん伊藤万理華さんが登場するほか
憧れのミューズに変身したフワちゃんさんガンバレルーヤさん
サーヤ(ラランド)さんAマッソさんは必見!
連載「MFBB」でNEWS増田貴久さんは刺繍アーティスト二宮佐和子さんとのコラボウエアで、
装苑男子には松島 聡さん(Sexy Zone)が、蜷川実花さんの連載には女優の中島セナさんが登場。

2023-‘24年AWパリプレタポルテコレクションにおいて、CHANELのシーズンビジュアルに女優の小松菜奈さんが大抜擢されたことは記憶に新しいことでしょう。今号の『装苑』は、ギリシャ語で<芸術をつかさどる女神>をと語源とする、人々を陶酔させる魅力を持つ存在=ミューズと、ファッションとの関係に迫ります。

 ファッションとミューズとの関係は、その時代を最も映し出す要素の一つ。憧れの存在、もしくはアイコニックなビジュアルが創り出す世界感によって、時代が生まれた例も少なくなく、現在もブランドを象徴するアンバサダーが多数存在しています。今号ではミューズの歴史を振り返ることや、スタイリストにとってのミューズを表現してもらったり、ファッションデザイナー自身にとってのミューズをインタビューするなど様々な角度でファッションを体現する存在を紹介していきます。特に見ていただきたいのは 今をときめく4組の人気お笑い芸人の憧れを実現させた変身企画。「フワちゃん×ドラァグクイーン」、「ガンバレルーヤ×80年代のアメリカンガール」、「サーヤ×ガールクラッシュ」、「Aマッソ×19世紀のイギリスの少年少女」、どれも本気で挑んだ変身は、驚きの再現性です。

 また、長らく『装苑』のミューズであり続けてくれたSUMIREとモトーラ世理奈のふたりが、今号をもって専属モデルを卒業。ふたりの活躍を振り返りながらのインタビュー企画も是非ご覧ください。

撮影:亀井隆司

SO-EN MUSE 
SUMIRE&MOTOLA SERINA
ある星に、装苑のミューズがやって来た!

『装苑』のミューズとして、ファッションの楽しさと魅力を伝えてくれている装苑モデルのSUMIREとモト―ラ世理奈。ふたりが、今号で装苑モデルを卒業することになりました。装苑モデルとしては最後となるビジュアルストーリーでは、ファッションの女神であるSUMIREとモト―ラ世理奈が降り立った見知らぬ星で、ファッションというものを伝え、ファッションを通じて、自身の個性やスタイルを見つけた異星人たちをハッピーにする!という物語。ページをめくるたび現れる、ファッションを思い切り楽しんでいる二人の姿から、手に取って頂いたみなさんにもファッションの楽しさや魅力と出会っていただきたいです!

©CHANEL / 2023-24fw rtw nana komatsu
photographed by Inez and Vinoodh

シャネル×小松菜奈
メゾンの顔になること

2023-‘24年AWパリプレタポルテコレクションのシーズン、シャネルのメインビジュアルに女優の小松菜奈さんが大抜擢されました。ブランドのこれまでの歴史の中で、日本人のセレブリティやモデルがメインビジュアルに起用されたのは初めてのこともあり、特にファッション業界では大きな話題となりました。パリの「グラン・パレ・エフェメール」やブランドのサイトでお披露目されたエモーショナルなビジュアルとともに、小松さんのコメントも紹介。また、歴史あるシャネルのミューズを遡るコラムも展開します。

UGG®×ちゃんみな

ファッションとカルチャーが生み出す
時代のアイコン

ミューズやスター、イットガール、そして、現在ではアンバサダーやインフルエンサーと幅を広げて活躍するアイコンたち。彼らは、いつの時代もファッションやカルチャーの中心にいます。そんな時代が生み出してきたアイコンたちを、1950年代からご紹介します。また、強い個性や表現力が今まさに時代に求められている、表現者アオイヤマダさんと、ラッパー・シンガーとして活躍するちゃんみなさんのインタビューもお楽しみに。

紹介している時代のアイコンの方々
Grace Kelly/Brigitte Bardot/Jean Seberg/Twiggy/Jane Birkin/Madonna/Boy George/David Bowie/Cyndi Lauper/Kate Moss/Lady Gaga/BLACKPINK/Naomi Watanabe/Snow Man/長尾謙杜/横浜流星/板垣李光人/アオイヤマダ/ちゃんみな

(左)撮影:池満広大(BE NATURAL)(中央)撮影:岩渕一輝(右)撮影:半沢健(GLASSLOFT)

スタイリストの
ミューズスタイル

文化服装学院を卒業し、現在では多くの分野で活躍中の3人のスタイリストにそれぞれのミューズスタイルを提案していただきました。酒井タケルさんは女優やアーティストとしてマルチの魅力を持つ池田エライザさん。和田ミリさんは、ファッションの感覚や好みが似ていると感じる、女優でクリエイターの伊藤万理華さんをミューズとして被写体にシューティングを展開。そして、飯嶋久美子さんは、“自由に着飾れること”をコンセプトに中島沙希さんをモデルに唯一無二のスタイルを披露してくれました。3者3様のファッションに注目してみてください!

ファッションデザイナーにとってのミューズ

ファッションの転換期となった1950年代以降から、著名なブランドには常にミューズとなる女性の存在があった。ランウェイコレクションのフィナーレに華やかなドレスを纏ってデザイナーと共に登場したものだ。デザイナーにとってミューズとはどういう存在か?また、自身やクリエイションに反映されることとは何か?など、本誌でお馴染みのファッションデザイナーにミューズを教えてもらいました。様々な世代の方の「やっぱり!」と「意外?!」な答えが
興味深い企画です!

コシノジュンコ/津森千里/東 佳苗/アンナ・チョイ/廣川玉枝

撮影:木村和平

着る人をミューズにする服
Mame Kurogouchiのエッセンス

デビュー以来、日本国内の優れた技術を用いた服作りによって確たる世界を築いてきたブランド、Mame Kurogouchi。ブランドのファンを公言する女性は多く、服好きの女性たちの夢や憧れを担っています。着る人を等しくミューズにしてしまうMame Kurogouchiのエッセンスを、’23年春夏コレクションのアイテムから伝えます。木村和平が撮影する写真と、ものづくりにフォーカスしたテキストによるページです。

撮影:野田若葉(TRON)

華麗に変身!
憧れのミューズになりたい

独自のセンスと表現力を持ち、今をときめく4組の人気お笑い芸人をモデルとして迎え、『装苑』ならではのビジュアルテクニックを用いて、それぞれのなりたいミューズに大変身を遂げていただきました。普段とは全く違うスタイリングやヘアメイクで、彼女たちの新たな魅力を表現しています。「フワちゃん×ドラァグクイーン」、「ガンバレルーヤ×80年代のアメリカンガール」、「サーヤ×ガールクラッシュ」、「Aマッソ×19世紀のイギリスの少年少女」とバリエーション豊かな変身ビジュアルをお楽しみに!

フワちゃん/ガンバレルーヤ/サーヤ(ラランド)/Aマッソ

相澤 樹

河合航大

とんだ林 蘭

M!DOR!

ヴィヴィアーノ・スー

xiangyu

2000年以降に卒業した
文化学園出身100人のクリエイター

コシノジュンコさんや山本耀司さんなど世界で活躍するファッションデザイナーを始め、様々な分野で魅力あふれるクリエイターを輩出してきた文化学園が、今年創立100周年を迎えます。それを記念して『装苑』では、今後のさらなる飛躍を期待したい、2000年以降に卒業した文化学園出身のクリエイター100人をご紹介。学歴やプロフィールとともにそれぞれの作品も掲載しています。

NEXT:松島 聡さん、中島セナさんらご登場!大人気連載のご紹介

RELATED POST

Sexy Zone卒業そして未来へ『Sexy Zone ONLINE LIVE』
【Snow Man、SixTONES、Sexy Zone、Hey! Say! JUMPなどの衣装レポート】一人ひとりを輝...
池田エライザが表紙を飾る『装苑』5月号の特集は「ファッション愛を語らせて」
anoさんが表紙を飾る『装苑』3月号は大人気企画の衣装特集!
『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜の島-』奥平大兼インタビュー。挑戦を重ねて、どこまでも遠...
中島セナ インタビュー。ものづくりを愛する17歳が体験した『ワンダーハッチ -空飛ぶ竜...
偏愛映画館 VOL.52『関心領域』
偏愛映画館 VOL.51『システム・クラッシャー』
奥平大兼のジャケットマスターへの道!vol.2 裁断&縫製編
偏愛映画館 VOL.47『落下の解剖学』
偏愛映画館 VOL.43『PERFECT DAYS』
偏愛映画館 VOL.50『パスト ライブス/再会』