• HOME
  • FASHION
  • NEWS
  • Perfumeが4度目となる、表紙に登場!『装苑』9月...

Perfumeが4度目となる、表紙に登場!
『装苑』9月号の特集は「クリエイターの脳内力。」

2022.07.22

撮影:YUANN(kidzfrmnowhere.)

『装苑』9月号の特集は
「クリエイターの脳内力。」

見る人の気持ちを動かすアイデアは、どのようにして生みだされるのか。あらゆるジャンルの第一線で活躍するクリエイターに尋ねたインスピレーションの源とは?

表紙と特集の巻頭は、Perfume
特集内ではMV、JK写の密着取材、新作衣装解説や、MIKIKOさんとの貴重な座談会も。

劇作家、根本宗子さんAマッソ加納さんの対談、PERIMETRONの佐々木 集さん×神戸雄平さんの、クリエーションの芯、視覚ディレクター河野未彩さんの宇宙観、アートディレクターとんだ林 蘭さんのデザイン画などあらゆるジャンルで、たった今を疾走する人達の頭の中を覗く!

MFBBでは、増田貴久さんtamimoonさんが描く女の子と競演!そしてイラストでも登場!
吉田ユニさん
の連載には、東京03の角田晃広さん、飯塚悟志さん豊本明長さん
蜷川実花さんの連載には南 沙良さん、装苑男子には赤楚衛二さんが登場。

情報で溢れかえる世の中だからこそ、見る人の気持ちを動かし、引き付けるさまざまなアイデアが求められ続けている。それぞれのジャンルで活躍を続けるクリエイターが、なぜ人の記憶に残る表現ができるのか、それらはどうやって生まれているのか……。今号の『装苑』では、アイデアに関する興味や疑問を持つ方に代わり、唯一無二の表現に携わるクリエイターの皆さんを尋ね、頭の中を覗かせてもらうことに。

何に影響を受け、興味を持ち、何を得れば独特の世界を浸透させられるのか。劇作家、アートディレクター、映像作家など職種は異なれど、彼らのアウトプットに至るまでのヒントなどを紹介し、読む人の創造力を掻き立てることを目的にした一冊です。

カバーは、今回で4度目となるPerfumeのみなさん。「Flow」のMVで監督を務めたYUANNさんが担当したビジュアル、そして演出振付家のMIKIKOさんとPerfumeのクリエイティブ力にフォーカス。

そのほか劇作家の根本宗子さんを様々な角度でご紹介する企画や、新しい映像を手がけ続けるPERIMETRONの佐々木 集さん×神戸雄平さんの対談など、誰もが気になる人たちはもちろん、ハリウッド映画のビッグタイトルのVFXを数多く手がけるコンセプトアーティスト田島光二さんや、「うる星やつら」、「おそ松さん」や「映像研には手を出すな!」のキャラクターデザインを担当している浅野直之さんの話から、一般的なデザインのジャンルを超えた話など、そして『装苑』編集部が注目する、期待のクリエイター紹介まで。読む人のアタマのなかに心地よい刺激を送る、柔軟かつ大胆な視点や発想のヒントが満載です。

撮影:YUANN(kidzfrmnowhere.)

Perfume  Lost in Wonderland
PerfumeとMIKIKOの創造のエナジー

巻頭では、Perfumeの新アルバム『PLASMA』のリード曲「Spinning World」の世界観から派生したビジュアル企画6pをお届けします。ビジュアルテーマは、「Lost in Wonderland」。Perfumeがさまざまな<クリエイションの惑星>を旅するファンタジックなビジュアルとなっており、アートディレクションと撮影を、「Flow」のミュージックビデオの監督を務めたYUANNが担当。PerfumeとYUANNの再コラボレーションが実現しました。

 続く8pの企画では、チームPerfumeの中枢である演出振付家のMIKIKOさんと、Perfumeのクリエイティブ力にフォーカス。『PLASMA』のジャケット写真とアーティスト写真、「Spinning World」のMVが完成するまでを追った密着ドキュメンタリーを4pでお届けするほか、Perfume×MIKIKOさんの貴重な座談会、「Perfumeのクリエイティブにまつわるアタマノナカ。」と題したMIKIKOさんへの単独取材も行なっています。そこでは、今明かされる創作秘話も。もちろん新衣装の解説コラムつきです。

撮影:平木希奈

解剖「根本宗子」

劇作家・演出家の根本宗子さんに迫る特集。19歳で主宰劇団、月刊「根本宗子」を立ち上げて以来、多くの観客を魅了してきた根本さん。10月14日には原作・脚本の映画『もっと超越した所へ。』が公開となるほか、2023年の新作舞台『宝飾時計』も上演が決定。今、多くの人がその動向に注目している根本さんの創作力の源を、根本さんのロングインタビュー、コメント集、Aマッソ加納さんとの対談、7日間の密着取材から伝えます。コメント集には、生田絵梨花さん、大森靖子さん、菊池風磨さん、高畑充希さん、前田敦子さんをはじめとする18名がメッセージを寄稿。また、keisukekandaによる『宝飾時計』のポスタービジュアルの衣装も特別に撮影し、掲載しています。

写真:佐々木慎一(SIGNO)

スズキエイミ×東 佳苗(rurumu:) 
好きな世界を反映すること

古典絵画と自身のコラージュで新たな美やクリエイションを追求する注目のアーティスト、スズキエイミさんとその独創的でシュールな世界感に共感し、昨年、ブランドとのコラボレーションも展開した「rurumu:」のデザイナー、東 佳苗さんが誌面で共演。2人がもの作りをする時のインスピレーション源になっているという、映画作品をイメージに、東さんが女性像や衣装スタイリングを、スズキさんが背景のコラージュを手掛けます。

撮影:福田典史(文化出版局)

PERIMETRON 佐々木 集×神戸雄平
日本の映像に新しいものは生まれているのか?

King Gnuやmillennium paradeのアートワークやMVなどの映像を手掛けるクリエイティブチーム「PERIMETRON」。現在の日本の音楽シーンにおいて、彼らが何をどう創るのか?は大きな注目を集めているだけでなく、同時に影響力も持っている。そんな彼らの映像作品に今、変革が起こり、より豊かな表現へ。その立役者が3DCG作品で共同ディレクターを務める佐々木 集さん神戸雄平さん。常は、プロデューサーとしてPERIMETRONの中枢を担っている佐々木さんが綴るストーリーと、独学でその知識と技術を習得した神戸雄平さんが生む3DCG、その両者が一つに紡がれ、描かれる世界。二人のタッグから生まれる映像はなぜこんなに観る人の心を揺さぶるのか?「Fly with me」「BON DANCE」など、二人のタッグから生まれたMVを追いながら、そのクリエーションの芯にあるものを尋ねた。

撮影:磯部昭子

視覚ディレクター河野未彩の頭の中。
COSMIC COSMETIC

視覚ディレクター、河野未彩さん。独自の世界観や色彩感覚によって表現されるビジュアルやプロダクトや映像。表現の形にとらわれることなく、フィールドを自由に行き来しながら描かれるビジュアルクリエーションは見た人の記憶に強く残る。「頭の中と宇宙は共通している」と感じた十代の頃に芽生えたという“宇宙観”は、今なお、彼女のクリエーションの基盤、頭の中に在り続けているという。そんな河野さんに、「頭の中を視覚化してください!」とお願いしたところから始まったこの企画。そこから生まれたビジュアルが「COSMIC COSMETIC」。アーティストでモデルのTIARAを被写体に迎え、河野さんの中に広がる宇宙と身近に在る美しいプロダクト化粧品とが交じり合う世界を表現してくださいました。その世界観から、そして河野さんの語る言葉から、そのクリエーションの本質に触れてみてください!

撮影:花房遼

アートディレクターとんだ林 蘭の頭の中を見てみたい!

ポップで毒気のある独特な作風が人気のアートディレクターとんだ林 蘭さん。彼女の世界観はどうやって生まれているのだろうか?とんだ林さんと中学の同級生でもある渡辺直美さんや、鮮烈な印象であいみょんが表紙を飾った今年の3月号など、装苑で手掛けていただいたビジュアルとラフを特別に公開!次々とアイディアを生み出すとんだ林さんのクリエイティブな頭の中を覗いてみました。

田島光二

田島光二の頭の中

映画『スター・ウォーズ』シリーズの生みの親、ジョージ・ルーカスが率いるルーカス・フィルムのVFX部門「インダストリアル・ライト&マジック」。7月27日からディズニー+でもその舞台裏を綴ったドキュメンタリー「ライト&マジック」が独占配信されるなど、注目のスタジオです。世界に5つの支社を持ち、ハリウッド映画のビッグタイトルのVFXを数多く手がけるメジャースタジオで、夢に向かってひたすらクリエイションに向き合っている、若き日本人のコンセプトアーティスト、田島光二さんにフォーカス。プライベートワークの紹介とともに、彼の創造力に迫ります。

©高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会

浅野直之 
キャラクターデザインの仕事

2021年はテレビ放映だけでも200本を超え、内容ももちろんのこと、そのクオリティの高さは世界トップクラスの日本のアニメ。長年、その第一線で活躍している、アニメーターの浅野直之さんにキャラクターデザインという立場で携わっている作品において、意識していることなどを教えていただきました。80年代に大ヒットし、この秋、約40年の時を経て復活するアニメ「うる星やつら」をはじめ、「おそ松さん」や「映像研には手を出すな!」の人気作品についてのコメントも。

撮影:MARSA

佐久間由衣 八木 華の感性を着る

装苑のファッションコンテスト「装苑賞」をきっかけにファッションの道に進み、昨年、ヨーロッパ最大のファッションコンペティション「ITS」のファイナリストとして世界からも注目を集めるデザイナー、八木 華さんのクリエイションをフィーチャー。古着や古布をベースに独自のデザイン性あふれるアーティスティックなドレスを女優の佐久間由衣さんがロマンティックに着こなします。作品のイメージをくみ取り、それぞれ異なる雰囲気で演出した佐久間さんのかわいい人物像を是非ご覧ください!

NEXT蜷川実花×南 沙良増田貴久(NEWS)×tamimoon(イラストレーター)、装苑男子 赤楚衛二(俳優)ほか、さらにスペシャルな特集が盛り沢山!

RELATED POST

【2022-’23年秋冬パリコレ vol.3】高橋悠介のCFCLがインスタレーションで新作披露
装苑編集部が今ほしい夏アイテム11選!
「Perfume Closet」新作アパレルラインのPOP UP SHOPがオープン!フードショップとのコ...
『装苑』5月号の特集は「今と、これからのファッションについて。」
好きな人との“共創”によるオリジナリティは無敵にちがいない。『装苑』3月号の特集は...
松村北斗(SixTONES)が表紙を飾る『装苑』7月号は人気連載「装苑男子」をバージョンア...
【Campus SNAP】2022年文化服装学院卒業式、学生たちのリアルな着こなしは?
フォンダシオン ルイ・ヴィトン「モロゾフ・コレクション - 近代アートのアイコン」展...
【so-en mode】Vol.10 アライア
偏愛映画館 VOL.13  『こちらあみ子』
偏愛映画館 VOL.12 『リコリス・ピザ』
画家・我喜屋位瑳務さんが発起人。動物好きのアーティスト&ブランドによる動物チャリ...