• HOME
  • FASHION
  • NEWS
  • 第36回イエール国際フェスティバル、ファイナリ...

第36回イエール国際フェスティバル、
ファイナリストの作品を動画で紹介 Vol.9

2022.01.13

36th edition of the International Festival of Fashion,Photography and Fashion accessorise, Hyères 
南仏の小さな田舎町イエールで開催されるヨーロッパ最高峰のファッション・コンペティション。若手デザイナーの登竜門として知られるこのコンペティションに9人と1組のファイナリストが挑みました。

●ファイナリスト(Finalist)
メンチェ・チャン(Mengche Chiang)/ 台湾

IFM(フランス・モード研究所)の修士プログラムを昨年修了。発表されたのはメンズコレクションで、タイトルは「デジャ・ヴュー(既視感)」。パリのカオスからイメージされたもので、セカンドハンドの服、バイクのカバーシート、使い古しの新聞、ゴミ、ホームレスの人など、ストリートのあらゆる要素をミックス。アルミホイルやガムテープなど、異質な素材も使いつつ、奇想天外なシルエットを見せています。

「第36回イエール国際フェスティバル、受賞者決定!」記事はこちらをチェック!

Photographs:濱 千恵子 Chieko Hama
Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

プルミエール・ヴィジョン・パリ、2025年春夏のトピックスは!?
第39回イエール国際フェスティバル審査員長とファイナリストを発表!
世界最高峰の縫製ハサミを目指して。「貝印」と日爪ノブキさんが共同開発した『Ō』、...
いよいよパリ五輪。スポーツウェアはモードの最先端を走る!?
伝説のクチュリエのもう一つの顔。情熱の蒐集家、アズディン・アライア
感覚を彫る、イリス・ヴァン・ヘルペンの回顧展
ファッションとアートいいえ、ファッションもアートです。「外見の向こう側、ファッシ...
「イッセイ ミヤケ 」のパリ新旗艦店がオープン。デザインを手掛けたのは吉岡徳仁
Susan Alexandraのビーズバッグ 今欲しいトレンドアイテムを 装苑オンラインがセレクト...
エイポック エイブル イッセイ ミヤケの未来へ向かうものづくり。インスタレーション第...
【パリの私スタイル】vol.70お手製のデニムのセットアップがステキ!