• HOME
  • FASHION
  • NEWS
  • 【From パリ支局】イヴ・サンローラン、リヨンの...

【From パリ支局】イヴ・サンローラン、リヨンの織物でたどるオートクチュールの舞台裏(後半)

2021.08.05

–文化出版局パリ支局より、イベントや展覧会、ショップなど、パリで日々見つけたものを発信。

1983年、生地に囲まれたアトリエで作業するサンローランとお気に入りのモデルだったキラ・ヤング。Photo : Guy Marineau © Yves Saint Laurent

前半より続く)

パリで開催されている「イヴ・サンローラン、リヨンのオートクチュールの舞台裏」展のクライマックスには、デザイナーが陶酔した劇作家シェイクスピアにオマージュを捧げたローブ・ド・マリエ(ウェディングドレス)や光り輝く豪華なイブニングドレスが登場。サンローランがまだそこにいるかのようなアトリエも必見です。

展覧会のハイライト、きらびやかなローブ・ド・マリエやイブニングドレスに思わずうっとり。

左の写真は「シェイクスピア」と題された1980年秋冬のローブ・ド・マリエ。「ビュコル(Bucol)」「アブラハム(Abraham)」「ユレル(Hurel)」「ビアンキーニ・フェリ(Bianchini-Férier)」など、複数におよぶリヨンの企業の生地を結集させた傑作です。右はしっとりとした輝きが美しいパーンベルベットのイブニングドレス。

ヒョウ柄のドレス(中央)は1986年秋冬のもので「アブラハム」のサテンを使用。 “シルク王”と呼ばれた「アブラハム」のギュスタヴ・ズムステッグは、1940年代からクチュリエたちと親しい関係を築き、企業をオートクチュール界に定着させました。本社はスイスにありますが、リヨンとパリにデザインオフィスを構え、モードに力を注いだといいます。

「アブラハム」のブロケードを使った1989年秋冬のアクセサリー。

「ボー・ヴァレット(Beaux-Valette)」のビロード、「ユレル」のチュールなどが使われた1991年秋冬のドレス。

当時のままのインテリアが残るアトリエ。この場所にいたサンローランの姿を思い浮かべずにはいられません。

中央はデザイン室長だったアンヌ=マリー・ムニョス、右はサンローランの公私にわたるパートナーだったピエール・ベルジェ。Photo : Guy Marineau © Yves Saint Laurent

Yves Saint Laurent : Behind the scenes of haute couture in Lyon
『イヴ・サンローラン、リヨンのオートクチュールの舞台裏』展
2021年12月5日まで。
Musée Yves Saint Laurent Paris オフィシャルサイト

Photographs :濱 千恵子(Chieko HAMA)
Text : B.P.B. Paris

RELATED POST

【so-en mode】Vol.8 SAINT LAURENT(サンローラン)
パリコレから探る、2022年春夏の気になるトレンドは?
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.17】クロエは自然と共に
イヴ・サンローラン・ボーテが、恋人からの「ABUSE」の9つのサイン認知と教育を広める...
JO1が男性初のイブ・サンローラン・ボーテ ブランド ジャパン アンバサダーに就任!そ...
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.21】アンリアレイジの星と星を繋ぐ服とは
グッチ家の知られざる秘話に迫る、スタイリッシュなサスペンス!リドリー・スコット監...
#5 長坂彩加さん【2022年度 文化服装学院 入学式スナップ】
編むという行為の新たな可能性を探るベルリン拠点のファッションレーベル「THERIACA」...
【2022年春夏パリ・ファッションウィーク】サンローランはパロマ・ピカソのアティチュ...