• HOME
  • FASHION
  • NEWS
  • 1920年代のパリの芸術界を俯瞰する展覧会「マリ...

1920年代のパリの芸術界を俯瞰する展覧会
「マリー・ローランサンとモード」

2023.02.14

マリー・ローランサン《ニコル・グルーと二人の娘、ブノワットとマリオン》1922年 油彩/キャンヴァス マリー・ローランサン美術館 ©Musée Marie Laurencin

二つの世界大戦に挟まれた1920年代のパリで活躍したマリー・ローランサンとココ・シャネルに焦点を当てた展覧会「マリー・ローランサンとモード」が開催。パステル調の淡い色調と優美なフォルムで女性的な美をひたすら追求したローランサンと、男性服の素材やスポーツウエアを女性服に取り入れたシャネル。

ガブリエル・シャネル《デイ・ドレス》1927年頃 神戸ファッション美術館

本展ではオランジュリー美術館やマリー・ローランサン美術館など国内外のコレクションから約90点の作品がラインナップ。美術とファッションの境界を交差するように生きた二人の活躍を軸に、同時代を彩った人々との関係にも触れながら当時のパリの芸術界を紹介する。 

「マリー・ローランサンとモード」
期間:開催中〜2023年4月9日(日)
場所:Bunkamura ザ・ミュージアム
   東京都渋谷区道玄坂2-24-1 地下1階
時間:10:00〜18:00 ※金・土曜は21:00まで
休館日:3月7日(火)
観覧料:一般¥1,900、大高生¥1,000、小中生¥700
WEB:https://www.bunkamura.co.jp/museum

『装苑』2023年3月号掲載

RELATED POST

「サルバドール・ダリ — エンドレス・エニグマ 永遠の謎 —」が開催中!巨大映像空間...
LVMHプライズ2024、ファイナリストが決定!
中原淳一の多様な表現をたどる展覧会「111年目の中原淳一展」
アメリカ近代建築の巨匠、フランク・ロイド・ライトの大規模回顧展「フランク・ロイド...
ガラス、絵画、写真の関係性を紡ぎだす展覧会「ガラスの器と静物画 山野アンダーソン...
「モダン・タイムス・イン・パリ 1925ー機械時代のアートとデザイン」展がポーラ美術館...
2024年ゴールデンウィークに訪れたい、最先端の注目ショップ&おでかけスポット情報...
話題の展覧会が開催中!蜷川実花×末安弘明(KIDILLデザイナー)対談。20年ぶりの再会...
戦後美術の多彩な視覚表現70点が集結「印刷/版画/グラフィックデザインの断層 1957-...
写真家 篠山紀信、米田知子らが出品 写真・映像の"記憶"に迫る展覧会