• HOME
  • FASHION
  • NEWS
  • beautiful peopleより、ハローキティとのコラボ...

beautiful peopleより、ハローキティとのコラボアイテムが発売!

2023.05.30

「beautiful people(ビューティフルピープル)」からサンリオの人気キャラクター「ハローキティ」とのコラボレーションアイテムが登場。6月10日(土)よりビューティフルピープル直営店舗にて発売される。

今回のコラボレーションでは、となります。上下をひっくり返すことでデザインが変化する“DOUBLE-END(ダブルエンド)”の技法を取り入れたデニムブルゾンをはじめ、Tシャツ、ポーチなど全6型を展開。ハローキティのかわいさはそのままに、ビューティフルピープルらしいエッセンスが加わったデザインに仕上げている。

アイテムラインナップ

HELLO KITTY double-end denim blouson ¥69,300

ビューティフルピープル独自のパターン設計技法“DOUBLE-END”により、上下逆さまに着用することで1st型と3rd型を1着で楽しむことができるデニムブルゾン。後ろ身頃にハローキティの逆立ち刺しゅうを配置し、ダブルエンドすることでハローキティが正立するユニークなデザインになっている。

HELLO KITTY nylon taffeta coach jacket ¥66,000

一見するとベーシックなコーチジャケットは、収納付フードをかぶることでハローキティのような耳のフォルムになるのが特徴。さらに、左胸と後ろ身頃にはコラボレーショングラフィックをプリント。ネオン管から着想を得たグラフィックは、暗闇で光る蓄光プリントとなっている。軽量で扱いやすいイタリアのOLMETEX社のタフタ素材を使用するなど、デザインだけでなく素材にもこだわった1着。

HELLO KITTY sheer jersey T-shirt ¥33,000

一般的には透けない生地で作られることが多いキャラクターTシャツを、あえて透けるシースルー生地で作成した、ビューティフルピープルらしい個性的な1枚。前身頃には、コラボレーショングラフィックを、後ろ身頃にはハローキティの後ろ姿をそれぞれプリント。ブランドロゴも後ろから見た反転文字でプリントするなど細部にまでこだわりが詰まっているのがポイント。

HELLO KITTY suvin pima jersey T-shirt ¥25,300

ビューティフルピープルの定番素材であるスビンピマのTシャツにも遊び心をプラス。前身頃と後ろ身頃のコラボレーショングラフィックは、 プリントではなく刺しゅうで表現。蓄光糸を用いることで、暗闇ではネオン管のように光るのがポイント。さらに、後ろ身頃の裾には、 美術館のキャプション使用のロゴプリントを入れ、 Tシャツのグラフィックが1枚のアートのようにも見えるユニークなデザインに仕上げている。

HELLO KITTY vertical clasp pouch in cow hide ¥29,700

HELLO KITTY horizontal clasp pouch in cow hide ¥29,700

人気のクラスプポーチもハローキティ仕様で登場。今回は定番の縦型に加え、横型のポーチも展開する。定番ではシルバーで作成する口金は、ハローキティをイメージした赤色と白色で作成。 リボンと耳が口金の配色と相まってより愛らしい印象に。ハローキティは、前胴から背胴まで一枚でつなげて施すことで、 背面は逆立ちしたハローキティの足が見えるユニークなデザインになっている。

ビューティフルピープルならではのアイデアを掛け合わせた、かわいいだけじゃないコラボアイテムをぜひゲットして!


関連記事
“ビューティフルピープル”デザイナー、熊切秀典さんスペシャルインタビュー Vol.1
“ビューティフルピープル”デザイナー、熊切秀典さんスペシャルインタビュー Vol.2

RELATED POST

ビューティフルピープルから、サステナブルなクロムフリーレザーのライダースジャケッ...
文化服装学院を卒業し、技術で勝負するパターンのプロフェッショナルたち 2
偏愛映画館 VOL.50『パスト ライブス/再会』
偏愛映画館 VOL.49『ゴッドランド/GODLAND』
偏愛映画館 VOL.48『オッペンハイマー』
GANNI(ガニー)がGINZA SIXにて、2024年春夏コレクションのポップアップストアを開催...
Madhappyが原宿でカフェを併設したポップアップストアを開催!
2024AW 東京ファッションウィーク(Rakuten Fashion Week TOKYO 2024A/W)開幕!装苑的...
偏愛映画館 VOL.52『関心領域』
偏愛映画館 VOL.51『システム・クラッシャー』