【SS2023パリコレ・メンズ】待望の日本勢の活躍
vol.10 オーラリー

2022.07.02

6月21日から6日間の日程で開催された2023年春夏パリ・メンズ・ファッションウィーク。今期はコロナが収束する中、リアルなショーとプレゼンテーションが大幅に復帰し、公式カレンダーの84ブランドのうち、デジタル発表にとどまったのは6ブランドのみ。特に日本勢の活躍が目覚ましく、パリがファッションの国際都市として活気を取り戻したシーズンになった。

AURALEE
ダイナミズムが加味されたオーラリー

オーラリーはピカソ美術館の中庭でメンズ&ウィメンズのミニショーを展開。デザイナーの岩井良太が提案するのは、エレガントでありながら気負いのない誠実な服。ピュアでミニマルなデザイン、着る人を心地よくさせるブランドオリジナルの高級素材も特徴である。

今シーズンはそうしたスタイルにアクティブな要素がプラス。クラシックなスーツとスポーティなアイテムのコーディネートなど、コントラストのあるシルエットがコレクション全体にダイナミズムを与えた。足元にはサンダルやスニーカーを合わせ、多機能ポーチが付いたリュックサックもポイントだ。

素材では、サマー用のモヘアニット、トロピカルウール、オーガニックコットン、パイルなど、軽さや透け感のあるマテリアルを使用。色調は落ち着いたニュートラルカラーでまとめられ、グリーン、ターコイズ、パープル、オレンジなどが差し色に。夏のワードローブに加えたくなる服が豊富にそろっている。

Text : B.P.B. Paris

RELATED POST

SEVENTEEN記者懇談会をほぼ全文レポート。ベストアルバム「17 IS RIGHT HERE」や2024年...
平安中期は位が高いほど裸に近かった!?『陰陽師0』の衣装デザインを、伊藤佐智子さん...
藤原季節インタビュー。「宝物のような映画」、『東京ランドマーク』のかけがえのない...
Susan Alexandraのビーズバッグ 今欲しいトレンドアイテムを 装苑オンラインがセレクト...
窪塚愛流×蒔田彩珠 特別すぎる7日間を描く『ハピネス』を演じて得た初めての感覚。ロ...
オリヴィエ・サイヤールが監修、ITSファイナリストの作品展「服の幾多の人生」開催
Perfumeが語る「私たちの衣装」Perfume COSTUME MUSEUMトークイベント「Another Costu...
「TWS(トゥアス)」SEVENTEENの弟分グループがついにデビュー。韓国で開催されたショ...
見上愛×佐藤寛太、映画『不死身ラヴァーズ』インタビュー。何度出会っても君が好き!...
いよいよパリ五輪。スポーツウェアはモードの最先端を走る!?
文化服装学院×HOTSOX キックオフミーティング&中間報告会に潜入!
奥平大兼のジャケットマスターへの道!vol.3 縫製編