【SS2023パリコレ・メンズ】最前線のクリエイターたち
vol.8 エゴンラボ

2022.07.14

6月21日から6日間の日程で開催された2023年春夏パリ・メンズ・ファッションウィーク。フィジカルイベントが増えた今シーズンは、40ブランドがパリを舞台にショーを実施。待望のリターン組、初ショーを行った新星デザイナー、パワフルなラグジュアリーブランドが一堂に会し、尽きない創造性を披露した刺激的な一週間だった。

EGONLAB.
エゴンラボ
今、必要なのはファンタジー!」

昨年、権威あるANDAMアワードでピエール・ベルジェ賞を受賞したエゴンラボ。波に乗るデザイナーデュオが見せたのは『不思議の国のアリス』から着想されたファンタジータッチのコレクションです。

「私たちの地球は、かつて無いほどの変化に直面しています。気候、政治、細菌、常に問いかけられる環境の中で、これまで以上にファンタジーが必要なのです。穴が開いた、破れたデニムはいつも必要なアイテムで、70年代をアクセントにしたプリントでグラフィティの世界を演出し、シャツは花で飾られるのです」とデザイナーのケビンとフロランタン。

スパンコールがきらめくタートルシャツやマンガチックなイラスト入りTシャツなどもあり、フィーナーレにはナスとキノコのキャラクターが登場。楽しくハッピーになるショーでした。

会場前でもナスとキノコのキャラクターがお出迎え。中央は名物ジャーナリストのダイアン・ペルネさん。

Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

SEVENTEEN記者懇談会をほぼ全文レポート。ベストアルバム「17 IS RIGHT HERE」や2024年...
平安中期は位が高いほど裸に近かった!?『陰陽師0』の衣装デザインを、伊藤佐智子さん...
藤原季節インタビュー。「宝物のような映画」、『東京ランドマーク』のかけがえのない...
Susan Alexandraのビーズバッグ 今欲しいトレンドアイテムを 装苑オンラインがセレクト...
窪塚愛流×蒔田彩珠 特別すぎる7日間を描く『ハピネス』を演じて得た初めての感覚。ロ...
オリヴィエ・サイヤールが監修、ITSファイナリストの作品展「服の幾多の人生」開催
Perfumeが語る「私たちの衣装」Perfume COSTUME MUSEUMトークイベント「Another Costu...
「TWS(トゥアス)」SEVENTEENの弟分グループがついにデビュー。韓国で開催されたショ...
見上愛×佐藤寛太、映画『不死身ラヴァーズ』インタビュー。何度出会っても君が好き!...
いよいよパリ五輪。スポーツウェアはモードの最先端を走る!?
文化服装学院×HOTSOX キックオフミーティング&中間報告会に潜入!
奥平大兼のジャケットマスターへの道!vol.3 縫製編