2023-’24年秋冬パリ・メンズコレクション/
ターク(TAAKK)

2023.01.24

1月17日から6日間の日程で2023-’24年秋冬パリ・メンズコレクションが開催され、78ブランドが公式スケジュールで新作を発表。今シーズンの必見ブランドやトピックスをご紹介します。

TAAKK
タークは印象派絵画の力強いタッチを込めて

パリで2回目のフィジカルショーを行ったターク。デザイナーの森川拓野がコレクションに込めたのは、印象派の絵画が持つ力強さだった。

今シーズンの森川は「強い服を作りたい」という思いから、自分自身に向き合い、自分らしい服を作ることを追求したという。特に刺激を得たのはゴッホの絵画。絵の具の盛り上がり、絵から伝わる感情、作り手の魂そのものである。

「印象派の画家が持つ表面的でない強さに惹かれました。彼らの力強い絵画のタッチを表現できないかと僕らチームで油絵を描いたのが、このシーズンの始まりでしたね。それがファブリックの強さになればと思いましたし、人が見たときに圧倒されるものを作りたい、というのがあって」

ブランドの独自性は、デザインにおけるユニークな視点と生地のイノベーションへのこだわりにある。そこに加えられた筆のタッチは、まさに印象派の絵画を想像させるもので、色を塗り重ねたモチーフや勢いのあるストロークがコレクションに強烈なインパクトをもたらした。

クラシカルなチェックのウールからレザーへと変化するブレザーやコート、ブレザーとミリタリージャケットがシームレスに結合したアイテムなど、特殊なテクニックで作られた“二面性”もこのブランドならではであった。

ランウェイショーの後にはモデルたちが一列に並び、自由に見てまわれるという演出がとられ、興味津々に生地に見入る観者も。絵画鑑賞にも似た衝動と感動を与えたコレクションである。

「ブランドの強みを伝えることをきちんとやらなければ、というのが根本にあります。だから服を近くで見てもらいたい」と森川さん。

Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

SEVENTEEN記者懇談会をほぼ全文レポート。ベストアルバム「17 IS RIGHT HERE」や2024年...
平安中期は位が高いほど裸に近かった!?『陰陽師0』の衣装デザインを、伊藤佐智子さん...
藤原季節インタビュー。「宝物のような映画」、『東京ランドマーク』のかけがえのない...
Susan Alexandraのビーズバッグ 今欲しいトレンドアイテムを 装苑オンラインがセレクト...
窪塚愛流×蒔田彩珠 特別すぎる7日間を描く『ハピネス』を演じて得た初めての感覚。ロ...
オリヴィエ・サイヤールが監修、ITSファイナリストの作品展「服の幾多の人生」開催
Perfumeが語る「私たちの衣装」Perfume COSTUME MUSEUMトークイベント「Another Costu...
「TWS(トゥアス)」SEVENTEENの弟分グループがついにデビュー。韓国で開催されたショ...
見上愛×佐藤寛太、映画『不死身ラヴァーズ』インタビュー。何度出会っても君が好き!...
いよいよパリ五輪。スポーツウェアはモードの最先端を走る!?
文化服装学院×HOTSOX キックオフミーティング&中間報告会に潜入!
奥平大兼のジャケットマスターへの道!vol.3 縫製編