ギャラリーstoopにて「GEOMETRIC│MONOCHROME」展が開催!

2023.08.02

『装苑』本誌にてページデザインをよくお願いさせていただいているフォティーノが運営しているギャラリーstoop(ストゥープ)。ヨーロッパからアジア、紀元前から現代まで国境や年代に縛られずに「現在」の感性を通して、アートディレクター関さんがコレクションしているアンティークやヴィンテージの家具・オブジェ・アートを展開しています。そのstoopにて、「GEOMETRIC|MONOCHROME」展がはじまります!

より自由で多様な表現を求めたポストモダン運動を始めとし、幾何学的フォルムがインテリアに数多く取り込まれた1980年代。アール・デコが見直されるなど、戦後の復興に対しての機能的な家具デザインから、よりデザイナー自身の表現をプロダクトに反映することが可能になったこの時代。デザイン集団「メンフィス」などの設立により、ユニークな構造や目を引く色彩など、実験的な表現の可能性が探求された。今回 stoop では 8月5日(土)より、そんな 80年代に製造された幾何学的なフォルムの家具にフォーカスし、ポストモダンスタイルとして区分されるプロダクトを中心に、メンフィスに所属し国際的に活躍したデザイナーである Ettore Sottsass(エットレ・ソットサス)や、国際的な建築家である Mario Botta(マリオ・ボッタ)、Philippe Starck(フィリップ・スタルク)などのヴィンテージ作品を含む、約70点にも及ぶプロダクト群を展示・販売する。

さらに、1980年代にパリを拠点に活躍し、世界中で6万脚以上も販売されたチェア「CINDERELLA(シンデレラ)」など、数々の名作を⽣み出した、フランス⼈・⽇本⼈からなるデザイナーユニット「Agnes & Hiroyuki Yamakado(アグネス & ヒロユキ・ヤマカド)」より、⽇本初となるプロダクトの展⽰・受注販売も!

また、特定の思想や分野・個⼈・事象に焦点を当てたキュレーションプロジェクトTOOPERSONの協⼒のもと、本企画にフォーカスを当てたTシャツやキャップ、その他雑貨などのミュージアムグッズの販売もあるのでお楽しみに。

GEOMETRIC│MONOCHROME」展
期間:2023年8⽉5⽇(⼟)〜8⽉27⽇(⽇)
場所:ギャラリーstoop
OPEN:⽕・⽔・⾦・⼟・⽇曜及び祝祭⽇(12:00〜19:00)
※8⽉5⽇のみ12:00〜17:00までの営業
CLOSE:月曜・木曜(アポイント制のみ受付可能)

RELATED POST

装苑編集部が選ぶ、夏休みに行きたい!アート展覧会&イベント10選
ラウール(Snow Man)さんが表紙を飾る『装苑』5月号の特集は「現在・過去・未来 ファ...
『シンデレラ』のリリー・ジェームズ主演!「恋愛と結婚と人生のトリセツ映画」、『き...
#7 高橋 子竜さん【 文化服装学院 文化祭スナップ】
フランソワ・プロストの日本初個展がアニエスベー ギャラリー ブティックにて開催!
井田幸昌さんの展覧会「Panta Rhei |パンタ ・ レイ - 世界が存在する限り」が鳥取と...
アニエスベーの新コンセプトショップが京都・祇園にオープン!
アニエスベーがパリ1号店を再現した展示イベント「シニエ・アニエス | アニエスベーを...
LVMHプライズ、ファイナリストが決定!セッチュウ(SETCHU)の桑田悟史さんも選出
<NEW>ODAKHAのチョーカー&バングル今欲しいトレンドアイテムを 装苑オンラインがセレ...