• HOME
  • CULTURE
  • CINEMA
  • 映画『陰陽師0』山﨑賢人(主演)×佐藤嗣麻子(...

映画『陰陽師0』山﨑賢人(主演)×佐藤嗣麻子(監督)対談  
令和に蘇りし呪術師、安倍晴明はどのように作られた?
芝居、アクション、衣装などから二人が解説。

2024.04.19

平安時代中期に生きた実在の陰陽師、安倍晴明(あべの・せいめい)が、雅楽家として才能を発揮した貴族、源博雅(みなもとの・ひろまさ)とともに怪奇事件を解決する小説シリーズ「陰陽師」。この人気シリーズが、安倍晴明生誕1100年の今年、新たな実写映画として令和に誕生した。令和版の晴明に命を吹き込んだのは、現代日本を代表する俳優・山﨑賢人さん。監督・脚本を務めたのは、原作を愛し、作者の夢枕獏さんとの親交も深い佐藤嗣麻子さんで、照明や美術、衣装、VFXにこだわり抜いた映像美の中で、青春期の安倍晴明の魅力的な物語を生み出した。

「戦争や貧困、自然災害にウイルス禍。目に見えないものの恐怖に苛まれているのは、平安中期の人も現代の人も同じです」と語る佐藤監督と、新たな晴明を作り出すことは「必死でした」と語る山﨑さんに、対談でこの『陰陽師0』の創作の舞台裏を存分に語っていただいた。

photographs : Yudai Kusano / styling : Shogo Ito (sitor, Kento Yamazaki) / hair & make up : Koichi Takahashi(Nestation, Kento Yamazaki) / interview & text : SO-EN

映画『陰陽師0』衣装についての記事はこちら

こういう話、現場では全然してくれないんですよ! 内緒にしているんです(笑)。——佐藤嗣麻子
その時は言葉にできなくて(笑)。——山﨑賢人

佐藤嗣麻子(以下、佐藤):(夢枕)獏さんが、もともと安倍晴明と源博雅の関係を「平安時代のシャーロック・ホームズと、ジョン・ワトソンだ」と言っているんです。そうすると、晴明はきっとホームズ。私は、シャーロック・ホームズシリーズも愛読していたので、あの理知的で無愛想なホームズが若かったら、どんな感じになるのかな?と思って晴明をつくりました。

この映画はいわば「バディもの」で、晴明と博雅が出会う話なんです。原作小説の2人は40代なので、すでに長い年月を経た友情関係が出来上がっていますが、『陰陽師0』は、そこにつながる物語なんです。あと、映画には立場の逆転がすごく大切なので、どこでひっくり返すかとか、そういうことをずっと考えて作っていましたね。

山﨑賢人(以下、山﨑):はい、聞いていました。

佐藤:それでちょっとだけ晴明を嫌な感じにしたんです。でも山﨑さんはすごく気を遣ってくださって、あまり嫌味に見えないようにしてくれました。

山﨑:晴明と博雅のやりとりが、可愛らしく見えたらいいなと思っていました。それに今回の晴明には、過去を乗り越えられていないという設定があります。だからあまりにも性格が悪く見えてしまうと、それを乗り越えるシーンで、見ている人が「でもこいつ、性格悪いからな」みたいになって感情移入できなくなっちゃうんじゃないかと思ったんですよね。そうならないようなバランスを考えて、微調整しました。必死でした(笑)。

佐藤:たくさん考えていてくれたんですよね。ありがたいことです。でもこういう話、現場では全然してくれないんですよ! 内緒にしているんです(笑)。

山﨑:その時は言葉にできなくて(笑)。

佐藤:インタビューの時にそうなんだ!と知ることも多いんですよね。

NEXT  山﨑賢人さん×染谷将太さんの魅力的な掛け合いが生まれた背景は?

RELATED POST

平安中期は位が高いほど裸に近かった!?『陰陽師0』の衣装デザインを、伊藤佐智子さん...
栁 俊太郎 Netflix映画『ゾン100〜ゾンビになるまでにしたい100のこと〜』インタビュー...
anoさんが表紙を飾る『装苑』3月号は大人気企画の衣装特集!
Sexy Zone卒業そして未来へ『Sexy Zone ONLINE LIVE』
過去の装苑も展示!「イヴ・サンローラン展 時を超えるスタイル」開催中
Netflixで原案&主演の賀来賢人さんに「忍びの家 House of Ninjas」インタビュー。“ワ...
杉咲 花が表紙を飾る『装苑』2024年1月号の特集は「多才な人の多彩な表現 好きから生ま...
ファッションコンテストで入賞を目指す学生必見!東京都主催のファッションコンクール...
連日満席が続く話題作『i ai』 マヒトゥ・ザ・ピーポー×森山未來×富田健太郎インタビ...
【資生堂】’80年代のムードでメイクしたい !資生堂 西森由貴×モデル 三嶋ひな
文化学園出身の100人のクリエイターをご紹介!
アーティスト千賀健永(Kis-My-Ft2)としての海外デビュー個展『FiNGAiSM in 台北』が...