• HOME
  • CULTURE
  • ART
  • 日々の中で出会う人や風景の記憶を映し出した写...

日々の中で出会う人や風景の記憶を映し出した写真展 
松岡一哲『what i know』

松岡一哲 「yellow」 2021 年
C プリント ©Ittetsu Matsuoka / Courtesy of amanaTIGP

松岡一哲 「rest」 2022 年
C プリント ©Ittetsu Matsuoka / Courtesy of amanaTIGP

『装苑』本誌でもお馴染みの写真家・松岡一哲さんによる個展「what i know」が、4月22日(土) から5月20日(日) までの期間、amanaTIGP 六本木にて開催される。本展では、松岡さんが2020年から2023年にかけて日本各地やベトナムで撮影した作品群より約23点が展示される。

素朴で抽象的な表現でありながらも、被写体となる人物やものの魅惑的な存在感をアナログで鮮明に映し出す松岡さんの作品。アナログならではの色彩や、ブレ・ボケを駆使し、どこか現実性が欠けたような、柔らかく幻想的な質感で日常のあらゆる瞬間を紡ぐ。

今回の展示では、近年さらに抽象度を増した作品を多く制作している松岡さんが、抽象表現と向き合い投影した写真の数々を披露。コロナ渦においても、変わらず日常にフォーカスして写真を撮り続けてきた松岡さん自身の記録が集積されている。

松岡一哲さんコメント

思考(僕にとっては目)はどんどん飛翔し、僕の写真は抽象化され、
色だけになったりする。
形だけになったりする。
そして、そこには他者と共鳴することの可能性を増すスペースが生まれる。
(……)
どんどん抽象化され、
どんどん具象する。
その狭間の写真であると。

2023年3月 松岡一哲

松岡さんがレンズを通して写した日常の瞬間と、独自の世界観をたっぷり堪能できるこの機会に、ぜひじっくり鑑賞しに行ってみて。


松岡一哲 『what i know』
期間:2023年4月22日(土) ~5月20日(土)
場所:amanaTIGP 
   東京都港区六本木 5-17-1 AXIS ビル 2F
時間: 12:00~19:00
※ 日・月・祝日休み
※入場無料
TEL:03-5575-5004
WEB:https://www.takaishiigallery.com/en/

松岡一哲
1978年岐阜県生まれ。東京を拠点に活動する写真家。フリーランスの写真家として活動するかたわら、2008年6月よりテルメギャラリーを立ち上げ、運営。主にポートレートやファッション、広告などコマーシャルフィルムを中心に活躍する一方、日常の身辺を写真に収め、等価な眼差しで世界を捉えた撮影を続ける。 
Instagram:@ittetsumatsuoka


関連記事
松岡一哲さんが撮影した『装苑』3月号「装苑男子」高橋文哉さんの撮影風景動画はこちら

RELATED POST

ラウール(Snow Man)さんが表紙を飾る『装苑』5月号の特集は「現在・過去・未来 ファ...