• HOME
  • BEAUTY
  • FEATURE
  • 【資生堂】ニックス阿美沙がトレンドアイメーク...

【資生堂】ニックス阿美沙がトレンドアイメークに挑戦

2022.11.11

好評発売中『装苑』11月号内の企画「SO-EN BEAUTY」より
資生堂 豊田健治さん×モデル ニックス阿美沙さんにご登場いただき、

今号では印象に残るような“目力”に注目!その表情を豊かに彩る3つのアイメークをご紹介します。

【BOLD EYES】

トップ ¥79,200 シーロン/ピアス¥13,200 ミクシマイ(ショールーム シャルメール)

①SHISEIDO
マイクロライナー インク 01 ¥3,850

②マジョリカ マジョルカ
シャドーカスタマイズ VI 482 ¥550

③SHISEIDO
ポップ パウダージェル アイシャドウ 04 ¥3,080

④SHISEIDO
ポップ パウダージェル アイシャドウ 11 ¥3,080

⑤SHISEIDO
インナーグロウ チークパウダー 02 ¥4,400

⑥SHISEIDO
モダンマット パウダー リップスティック 528 ¥3,960

スマートなラインと鮮やかな色で華麗なまなざし

モデルのニックス阿美沙さんを迎えて、ポジティブで強さのある世界観をメイクで表現。表情において強さの象徴=目力に注目し、3つのアイメイクを提案する。「まずはアイラインで目もとを強調するメイク。アクセサリーを身につけるような感覚でアイラインを楽しんでみてほしいです。まず黒のアイラインは、目もとに軽さを出すために目頭と目尻だけに入れる。そこから目もとを拡張するように、ラベンダーのアイシャドーでグラフィカルなラインを描く。クールな形だけど色を少し変えるだけでフレッシュな印象に。そこに組み合わせるアイシャドー③④とチークはあえて甘いピンクを選んで。リップは、目もととのバランスを楽しむようにビビッドなオレンジを唇全体にポンポンとのせて。色づかいを変えるだけで、同じメイクでも遊び心のあるものに。カラーバランスを楽しもう!」

【GLOSSY EYES】

ジャケット¥84,700 ユェチ・チ(エムエイティティ)/パールキャミソール¥350,000、ヘッドアクセサリー¥44,000 ミユキキタハラ/パンツ¥22,000 シングス ザット マター

①SHISEIDO
マイクロライナー インク 01 ¥3,850

②SHISEIDO
ポップ パウダージェル アイシャドウ 18 ¥3,080

③SHISEIDO
ポップ パウダージェル アイシャドウ 03 ¥3,080

④SHISEIDO
モダンマット パウダー リップスティック 510 ¥3,960

⑤SHISEIDO
クリスタルジェルグロス ¥3,850

カラー×クリアジェルで艶やかなまなざし

「アイカラーとグロスを重ねると、揺らぐ光を放って、その人の本来の美しさを捉えたような光り方をするんです。情緒的でセンシュアルなところが魅力のグロスの質感を生かしたメイクです。まず黒のアイライナーで目の下のきわに沿ってラインを入れ、その下の下まぶたにバブリー感のある濃いパープルのカラーを入れ、さらにその上にメタリックなピンクのカラーを重ね広げ入れます。下まぶたを強調すると顔がぐっとシャープな印象になります。上まぶたには軽くパウダージェルをのせて色づける程度に。口もとに少し赤味のある可愛らしい色をのせます。仕上げにポイントのグロスを、上まぶたと唇、そして下まぶたの目頭から1/3にものせたら完成! インパクトは強いけど、それをポジティブな表情として表現してくれるようなメイクになりました」

【SMOKY EYES】

ジャケット¥110,000 ヨウヘイ オオノ/シャツ¥63,800、ネクタイ¥25,300 ストロングテ(エムエイティティ)/ピアス¥14,200 クリティカルラボ(ピーアールワントーキョー)

①SHISEIDO
マイクロライナー インク 01 ¥3,850

マジョリカ マジョルカ
シャドーカスタマイズ GR162 ¥550

③SHISEIDO
カジャルインク アーティスト 06 ¥2,420

④SHISEIDO
カラージェル リップバーム 103 ¥3,850

緑のスモーキーアイでクールなまなざし

「アイメイクの王道とも言えるスモーキーアイ。目新しい手法ではないけれど、アイカラーにはあまり使うことがないグリーンを選べば、驚くほどフレッシュな印象になります。ベースメイクは赤味を抑えて自然にカバーする程度に整えて、ややつや肌に。まつげのきわだけに黒のアイラインを入れ、下まつげのきわにはカジュアル感のある深緑のアイラインを。さらに緑のグラーデションになるようにアイシャドーを外側へと広げ入れ、さらにそのぼかした先端にを重ねていく。普通ならアイシャドーは上まぶたが多いけど、下まぶたにしっかりと色を感じさせるよう目のきわを中心に外に広げるのがポイント。口もとには、強い目もとと相反するようなパステルのサーモンピンクのリップバームを中央から広げるようにポンポンとのせたら完成です」

hair & makeup: Kenji Toyota (SHISEIDO)
photographs: Dai Yamashiro
styling: hao
model: Amisa Nix

▲撮影の裏側を装苑公式YouTubeチャンネルにて公開中!こちらもチェックしてね▲

資生堂 豊田健治
Kenji Toyota●2002年に資生堂へ入社。資生堂トップヘアメイクアップアーティスト。コレクションでのヘア&メイクを担当するほか、広告ビジュアルなどでも活躍。最新ヘア&メイクトレンドの傾向分析も行っている。
Instagram:@kenjitoyota_hair_makeup

モデル ニックス阿美沙
Amisa Nix●広島県出身。モデル。日本とアメリカにルーツを持つZ世代を代表するファッションアイコンのひとりとして注目されている。広告、ファッション誌などで幅広く活躍している。
Instagram:@soysilk


※『装苑』11月号は、発売中です。全国書店にてお求めください。
店頭にない場合、書店店舗にて直接ご注文いただくか、下記オンライン書店などをご利用ください。

Amazon
楽天ブックス
セブンネット
文化出版局
富士山(定期購読)

RELATED POST

【資生堂】 雑賀サクラが秋メイクで変身
アンジュルム 上國料萌衣×資生堂 西森由貴 夏にしたいポジティブメイク3選!
資生堂 西森由貴×モデル Hara Kanon『装苑』3月号《SO-EN BEAUTY》メイクがくれる 色...
資生堂 百合佐和子×モデル 雑賀サクラ『装苑』9月号「SOEN-BEAUTY」の撮影風景をお届...
Ray-Banのカラフルなサングラスとともにパッション溢れる夏を!
ジェーンマープルを象徴するアイコンシューズ「4STRAP SHOES」がリニューアル。
beabadoobee(ビーバドゥービ)『装苑』11月号<COLOR of POWER>スピンオフ編
SINA SUIENが舞城王太郎による小説「刺繍百花子」の“登場人物たちが着たい服”をテー...
【so-en mode】Vol.9 エルメス
モトーラ世理奈が、ジェーン・マープルを着てアリスに!
おしゃべりしたい音楽のこと CHATTING MUSIC Vol.04 ELAIZA
装苑PRESENTS アクセサリー蚤の市『装苑』11月号掲載