パリのクリスマス2021 vol.1 プランタン百貨店

2021.12.15

老舗デパート、プランタンのクリスマス・ショーウィンドウとサステイナブルな取り組み

パリの華やかなクリスマスシーズンがやってきました。百貨店やブティックの夢のあるショーウィンドウ、並木通りのきらびやかなイルミネーションなど、見るだけでハッピーにしてくれるこの時期限定の街の風景をお届けします。

まずは、冬の風物詩といえば、老舗百貨店プランタン・オスマン本店のショーウィンドウ。今年は「プラダ」をメインパートナーに迎え、いたずら好きの妖精たちをイメージした121体のマリオネットが物語を紡いでいます。準備期間1年、装飾の設置に約650時間かけたというファンタジーいっぱいのショーウィンドーをお楽しみください。

またプランタンの本館には、*サーキュラーエコノミー(循環型経済)に特化した売り場「Le 7ème Ciel (7階の空)」がこの秋オープンしました。
*サーキュラーエコノミーとは、資源を取り、製品を作り、捨てる、という直線型経済システムのなかで廃棄されていた製品や原材料などを新たな資源と捉えて、廃棄物を出さず資源を循環させる経済システム。

ガラスのドームから自然光が差し込む7階のフロア。中央の天井には、再生可能な材料で作られたリボン形のアート作品が展示される。

ここで扱うのは、ハイブランドの服やアクセサリーをそろえた古着やビンテージのセカンドハンド。古着の買い取りも行っていて、査定後にプランタンで使える「ギフトカード」で査定金額を受け取るシステムです。他にもスニーカーなどを修理するサービスもあり、本格的にサスティナブルへと舵を切ったデパートを象徴するような場所。今後の展開が楽しみです。

約1,300平米もの広さを誇るスタイリッシュなフロア。

PRINTEMPS HAUSSMANN
64 Bd Haussmann, 75009 Paris
オフィシャルサイト:https://www.printemps.com/fr/fr/printemps-paris-haussmann

Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

YOSHIKIが伝統あるバカラのグラスを再解釈。パリのファッションウィークにお披露目!
ルイ・ヴィトンのフォトブック「ファッション・アイ」シリーズに新たに3タイトルが登場...
ANREALAGEがパリコレクションにて、細田守監督最新作『竜とそばかすの姫』とのコラボレ...
フォンダシオン ルイ・ヴィトン「モロゾフ・コレクション - 近代アートのアイコン」展...