ヴィクター&ロルフの大胆なカットに表れた抑制と無秩序。
2024年春夏オートクチュールウィークより

2024.02.05

2024年春夏オートクチュールコレクションが1月22日から4日間の日程で開幕。
今シーズンの必見のショーや気になるトピックスをご紹介します。

毎回、実験的なクリエイションを見せてくれるヴィクター&ロルフ(Viktor&Rolf)。今シーズンはオールブラックの7つのシグネチャー・シルエットを取りあげ、切り込みを入れたり穴をあけたりした4体をグループごとに紹介。

それぞれに思いがけない形に変化したこれらは、装飾的なカッティングを試すために自発的に使用される裁ちばさみの創造の可能性を探るもの。穴や切り込みはコントロールされていますが、同時に組織化されたカオスも形成しています。

デザイナーのロルフ・スノラン(左)とヴィクター・ホスティン。

Text : B.P.B. Paris

RELATED POST

知っておきたい!ブンカとモードの100年史〜100年間のファッションの歴史〜
優雅さにうっとり。シャネルが描くボタンとバレエの物語。2024年春夏オートクチュール...
NEW COMER期待のニュークリエイターファイル
文化学園出身の100人のクリエイターをご紹介!
ガリアーノ節が全開!メゾン マルジェラ、圧巻のショーで感動の渦。2024年春夏オートク...
2023-’24年秋冬オートクチュールコレクション/ヴィクター&ロルフ(VIKTOR&ROLF)
マルタン・マルジェラがファッションに残したもの
TENDER PERSON(テンダーパーソン)ファーストコレクションのバックステージ
吉澤嘉代子【CHATTING MUSIC おしゃべりしたい音楽のこと vol.12】
シンプルさの中に凛とした美しさが際立つフェンディ。2024年春夏オートクチュールウィ...