マメ クロゴウチは陶器の美しさを綿密に表現。
2024-’25年秋冬パリ・ファッションウィークより

2024.03.18

2月26日から9日間の日程で2024-’25年秋冬パリ・ファッションウィークが開催され、100以上のブランドが公式スケジュールで新作を発表。今シーズンの必見ブランドやトピックスをご紹介します。

マメ クロゴウチ(MAME KUROGOUCHI)のテーマは、破片やかけらを意味する「フラグメント(Fragments)」。先シーズンに続き、陶器が着想源になりました。

デザイナーの黒河内真衣子(Kurogouchi Maiko)は、佐賀で16世紀後半に開花したとされる「古唐津」と、残された数多の陶片からイメージを広げ「身にまとう陶器」をコレクションで表現。自然の色、豊かな質感、ミニマルなシルエット、陶器の柄がその特徴として表れています。

シンプルかつ大らかな線で描かれた絵唐津はボタニカルモチーフのコード刺繍に投影され、斑唐津特有のオーロラを思わせる釉の色味は「むら染め」のアルパカウールのコートに再解釈されました。三島唐津の花紋の印や線彫り文様は、ジャカードドレスやニットピースの柄に。

光沢感のあるシルクウールのワンショルダードレス、オーバーサイズシャツのセットアップは、京都の職人が餅米を生地に塗り、乾燥させる事で生じるひび割れに染色するという、特殊なプロセスを経て陶器の質感を再現。

職人の手の温もり、自然から生まれた陶器の素朴さや美しさが、優雅なシルエットにあふれています。

Courtesy of Mame Kurogouchi
Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

SUMIRE、モトーラ世理奈が装苑モデルを卒業!『装苑』7月号の特集は「ファッションとミ...
ディオールは自立した女性のパイオニア世代が着想源に。2024-’25年秋冬パリ・ファッシ...
ロエベの繊細でダイナミックなクラフトワークに目が釘づけ。2024-’25年秋冬パリ・ファ...
ヨウジヤマモトはアーキテクチャルなシルエットの中にロマンティシズムを漂わせて。20...
豊かな色彩と絶妙なバランス感覚が光るドリス ヴァン ノッテン。2024-’25年秋冬パリ・...
アンダーカバーは映画『PERFECT DAYS』にインスパイアされて。2024-’25年秋冬パリ・フ...
ジュンヤワタナベは造形物と服とのコントラストを表現。2024-’25年秋冬パリ・ファッシ...
リック・オウエンスは温かそうな宇宙服が登場。2024-’25年秋冬パリ・ファッションウィ...
カルヴェンはマスキュリン・フェミニンの妙技が秀逸。2024-’25年秋冬パリ・ファッショ...
ステラ マッカートニーは地球からのメッセージを込めて。2024-’25年秋冬パリ・ファッ...
エモーショナルな安心感を与えるサカイの服。2024-’25年秋冬パリ・ファッションウィー...
ブランド・ヒストリーを盛り込んだ新生ラコステの初ショー。2024-’25年秋冬パリ・ファ...