【SS2023パリコレ・メンズ】待望の日本勢の活躍
vol.5 オム プリッセ イッセイ ミヤケ

2022.07.01

6月21日から6日間の日程で開催された2023年春夏パリ・メンズ・ファッションウィーク。今期はコロナが収束する中、リアルなショーとプレゼンテーションが大幅に復帰し、公式カレンダーの84ブランドのうち、デジタル発表にとどまったのは6ブランドのみ。特に日本勢の活躍が目覚ましく、パリがファッションの国際都市として活気を取り戻したシーズンになった。

HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE
オム プリッセ イッセイ ミヤケは花と花器から着想

毎回、アーティスティックなショーで好評を博していたオム プリッセ イッセイミヤケ。パリ復帰第一弾となった今回は、昨年リニューアルオープンしたルーブル郵便局を会場に、エモーショナルなアクロバットショーが展開された。

コレクションのテーマは「Flowers and Vases(花と花器)」。有機的な花と無機質な花器の対照的な関係性からイメージを膨らませ、規則的なプリーツの生地に、曲線と直線の折り目を入れ、ひねったり、重ねたりすることで新しいフォルムを作り出している。

ショーの総合演出は、パリのシャイヨー国立劇場のディレクターであるラシッド・ウランダンが担当。アクロバティック劇団XYカンパニーの演者たちが加わり、コレクションのテーマにある二面性を静と動のパフォーマンスで見事に表現した。

©B.P.B. Paris

「VASE」と題されたシリーズ。花器の首から胴にかけてゆるやかに広がるシルエットに着想を得ている。

「MONTHLY COLOR MARCH」は空気をはらむようなブルゾンのシリーズ。丸みのあるシルエットとゆったりとした分量感が特徴で、葉脈のように斜めにかけたプリーツが有機的。

「ACCLIMATION COAT」は天候や気分で形が変えられるコートのシリーズ。ウエスト周りは内側から絞ることができ、裾を内側に折り返してミドル丈でも着用できる。フードはセーラーカラーにもスタンドカラーのような形にもなる。

「COTTON BOLLS」は綿花をモチーフにしたプリントシリーズ。有機的な姿をより生き生きと表現するために、原画は絵の具を垂らしながら描かれていて、偶発的に生まれた不揃いの輪郭が特徴となっている。

Text : B.P.B. Paris

RELATED POST

2022-’23年秋冬 パリ・メンズ・コレクション オム プリッセ イッセイ ミヤケ(HOMME ...
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.17】クロエは自然と共に
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.21】アンリアレイジの星と星を繋ぐ服とは
【SS2023パリコレ・メンズ】待望の日本勢の活躍vol.4 ダブレット
「バオ バオ イッセイ ミヤケ」から、2022年春夏新作アイテムが登場!
【SS2023パリコレ・メンズ】待望の日本勢の活躍 vol.2 キディル
東コレブランド「SARTOGRAPH」が渋谷パルコにて初のポップアップストアを開催!
【SS2023パリコレ・メンズ】待望の日本勢の活躍vol.6 ターク
【SS2023パリコレ・メンズ】待望の日本勢の活躍 vol.1 コム デ ギャルソン・オム プリ...
【SS2023パリコレ・メンズ】待望の日本勢の活躍vol.3 ジュンヤ ワタナベ マン
【SS2023パリコレ・メンズ】待望の日本勢の活躍vol.8 カラー
【SS2023パリコレ・メンズ】待望の日本勢の活躍vol.10 オーラリー