【2022-’23年秋冬パリコレ vol.5】
ドリス ヴァン ノッテンの魅惑の世界に陶酔

2022.03.07

2022-’23年秋冬パリ・ファッションウィークが開催。
必見コレクションや話題になったことなど、今シーズンのハイライトをご紹介します。

ドリス ヴァン ノッテン(Dries Van Noten)はパリ左岸にある18世紀の館でプレゼンテーションを開催。ウィメンズとメンズのコレクションに加え、フレグランスとメイクアップの新ラインも披露されました。

豪華なシャンデリアが灯されたエントランスから中に入ると、今は廃墟となった室内にマネキンが陳列され、煌びやかさとデカダンスな雰囲気が交差。相反する要素から独自の世界を創造するドリスならでは演出です。

発表された今シーズンのウィメンズでは、イタリアから多くの着想を得ていて、グラムールな歌手のミーナ、俳優のマルチェロ・マストロヤンニ、建築家でアーティストのカルロ・モリーノの作品がインスピレーションソースになっています。全体的にイブニングのイメージが強く、マスキュリン・フェミニンのシルエットに加え、目を引いたのはレオパートやゼブラなどのアニマル・モチーフ。蝶の形のジュエリーもあり、妖艶なムードを漂わせていました。

Photos : Courtesy of Casper Sejersen 

ビューティー・コレクションは、オードパルファム(10種)とリップスティックを中心に展開され、いずれも詰め替え可能。香水瓶、リップスティック・ケースは、まるでドリスの服を纏っているかのようです。販売は2022年3月2日から、一部のドリス ヴァン ノッテン店舗とdriesvannoten.comでスタート(日本での発売時期は未定)。ますます満たされていくドリスの魅惑の世界に目が離せません。

オードパルファムの香りは10種で、それぞれにボトルのデザインが異なります。ハンドクリーム、ソープ、ブラシやコームなども加わりました。©B.P.B. Paris

リップスティックは30色とバームがそろい、リフィル式のケースは4タイプから選べます。©B.P.B. Paris

プレゼンテーションの会場となった館のエントランス。©B.P.B. Paris


Text : B.P.B. Paris

RELATED POST

【so-en mode】Vol.6 DRIES VAN NOTEN(ドリス ヴァン ノッテン)
2022-’23年秋冬 パリ・メンズ・コレクション ドリス・ヴァン・ノッテン(DRIES VAN N...
ラルフ ローレン フレグランスから、共存・共生の精神にインスパイアされた「RALPH'S ...
『装苑』9月号連動《SO-EN BEAUTY》儚くて、美しい。資生堂 百合佐和子 × 俳優 板垣李...
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.7】イッセイ ミヤケは植物の美しさや力強さを表現
【2022年春夏パリ・ファッションウィーク】色彩と躍動感にあふれたドリス ヴァンノッテ...
第36回イエール国際フェスティバル、ファイナリストの作品を動画で紹介 Vol.11 【番外...
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.1】ファッションウィーク開幕に際して...
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.3】高橋悠介のCFCLがインスタレーションで新作披露
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.4】ディオールはヘリテージとテクノロジーが融合
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.2】ボッターは独自のスタイルで反戦を表現
【2022-’23年秋冬パリコレ vol.6】アクネ ストゥディオズは修繕の美しさを追求