【パリの私スタイル】vol.04
黒いビロードのモロッコ風コートをさらりと着こなして

この街にいると、思わず目で追いたくなるおしゃれな人によく出会う。
自分流におしゃれを楽しむ
人たちを毎週ご紹介!

2022年春夏パリ・ファッションウィークにて。

少年のような雰囲気のマリナ・ジュノベーゼさんは画家でモデル。小顔で長身の彼女は、重くなりがちな黒いビロードのコートをさらりと着こなしていました。古着屋で入手したモロッコ風コートですが、飾り紐がゴシックなイメージでもあり、本人いわく“チャペル・ルック”なのだそう。屈託なくそんな話をしてくれましたが、カメラを向けたらキリリとモデルの顔に。

Instagram:@genovese____


Photographs:濱 千恵子 Chieko Hama
Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

【パリの私スタイル】vol.70お手製のデニムのセットアップがステキ!
文化服装学院×HOTSOX キックオフミーティング&中間報告会に潜入!
KIDILLデザイナー末安弘明が語る「情熱を形にし続けた10年間」。15名のKIDILLラバーの...
エイポック エイブル イッセイ ミヤケの未来へ向かうものづくり。インスタレーション第...
快歩に聞いた今、注目のマルチクリエイター <ERIKO MORI>
木越 明に聞いた今、注目のマルチクリエイター <Sari Okura>
Marimekkoの2024年春夏コレクション Unikkoの60周年を記念し、新デザインも登場
2024年ゴールデンウィークに訪れたい、最先端の注目ショップ&おでかけスポット情報...