• HOME
  • FASHION
  • NEWS
  • 小松菜奈が一年ぶりに表紙に登場!『装苑』11月...

小松菜奈が一年ぶりに表紙に登場!
『装苑』11月号の特集は
「DRAMATIC MODE もう、ファッションは止められない!」

2022.09.22

写真:田中雅也(TRON)

『装苑』11月号の特集は
DRAMATIC MODE もう、ファッションは止められない!

時代も、性差も、なにもかも飛び越えて、大好きなファッションを、自由に楽しめる時代が戻ってきた‼‼

カバーを飾るのは、一年ぶりの登場となる小松菜奈さん
『装苑』的NEXT GIRLSでは南 琴奈さん美絽さん滝澤エリカさん野内まるさん中野有紗さんIAさんSenさんSENPINGさんHara Kanonさんが登場。
「フェティッシュガーリー」と「アジアンフューチャー」を着こなして、
新しいスタイルに挑戦する山田杏奈さん

色をテーマにした企画では、今を時めくミュージシャンとして
beabadoobeeさん歌代ニーナさんyamaさんChi-(カメレオン・ライム・ウーピーパイ)さん詩羽(水曜日のカンパネラ)さんChilli Beans. さんの計6組が。

また、蜷川実花さん連載では華やかなドレスに身を包んだ清原果耶さん
装苑男子のファッションスペシャルには、なにわ男子の長尾謙杜さんが登場!

コロナ禍に奪われ続けた自由を取り戻すかのように、自ら楽しむためのファッションが戻ってきた。それは単純にファッションが好きな人たちが、自らを解放したい気持ちの高まり。作られた流行などではない、このファッションの勢いは、誰にも止めることなどできないのです。

今号でカバーと巻頭を飾るのは、中学生のころから装苑にモデルとして登場し続けてくれる、まさにファッションと共に人生を歩んできた小松菜奈さん。カバーではパンクをイメージしたように、さまざまな歴史と文化を切り開いてきた、象徴的なファッションスタイルをベースにした、今シーズンのアイテムを着こなしてくれました。

そのほか、山田杏奈さんに新しいスタイルに挑戦していただいた企画や、「装苑」が注目している個性豊かな9名のガールたちに、今季外せない着こなしで登場してもらう企画ほか、 『クルーレス』、『エレファント』、『エターナル・サンシャイン』など 1990~2000年代のファッションを名作映画の衣装でひもとく企画や、海外のファッションブランド解説、東京ブランドのルックに関することや、サステイナブルへの考え方などをファッションデザイナーへ訊ねた企画などなど、今気になるファッション情報満載。

なかでも注目してほしい企画は、10代最後の撮影で、本人が切望していた「装苑」初登場となった、なにわ男子の長尾謙杜さん。ファッション好きの長尾さんに、様々なテイストの服を着こなしてもらいました。
スタイリングで、インタビューで、そして写真やデザインで。今季のファッションをポジティブに楽しむ一冊です。

写真:田中雅也(TRON)

小松菜奈 
ファッションが解き放つもの

本誌の秋冬ファッション特集号、その表紙と特集トップを飾るのは、1年ぶりの登場になる女優・モデルの小松菜奈さん!さまざまな歴史と文化を切り開いてきた、象徴的ファッションスタイルを今シーズンのアイテムで今っぽく、そして装苑らしいルックでグラフィカルに展開します。1960年代のコスモコールスタイルから、今年話題になっている2000年代のY2Kまで、どんなファッションも自分のものにしてしまう小松菜奈さんのかっこよくもチャーミングな七変化は必見!また、後半のインタビューでは、彼女のファッションに対する目覚めや今気になるスタイルについて教えてもらっています。

写真:久野美怜(SIGNO)

『装苑』的NEXT GIRLSが集結!
ガールとファッション

『装苑』のファッション特集をにぎやかに彩るのは、個性豊かな9名のガールたち!今季外せない「ふわもこタッチ」や「ハンサムスーツ」「スパークルディーバ」などの8つのキーワードを、『装苑』が注目するNEXT GIRLSに着こなしていただきました。可愛くクールに、ファッションを存分に楽しむ女の子たちの物語を、ガールズからの支持も熱い、写真家、久野美怜さんが撮り下ろします。

南 琴奈、美絽、滝澤エリカ、野内まる、中野有紗、IA、Sen、SENPING、Hara Kanon

「Back to the  ’90s-’00s!!
映画の中のファッション学」

近年、ファッションデザインやスタイリングで参照されることの多い1990~2000年代。ちょうど今気になるシルエットや着こなし、アイテムが登場する映画と、そのファッションを解説する企画。『クルーレス』『エレファント』『エターナル・サンシャイン』『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』『式日』『アカルイミライ』など、名作の衣装をひもときます。

写真:北岡稔章(える)

若手の中でも人気実力共に今、最注目の俳優、山田杏奈さんが『装苑』に登場です!この秋上演される舞台『夏の砂の上』で、舞台演劇の世界に初挑戦する山田さんにちなんで、『装苑』でも新たなファッションスタイルにトライしていただきました。山田さんの好きな映画や世界観から発想した「フェティッシュガーリー」と「アジアンフューチャー」の二つのテーマで、新しい扉を開き、冒険に旅立つ女性の不安と期待がないまぜになった心の内を、センシティブにタフに表現します。

写真:森健人

「KENZOの、
カルチャーを纏うニュームード」

2022-’23秋冬シーズンより、Nigoがアーティスティックディレクターを務めるKENZO。髙田賢三が残したデザイン遺産を引き継ぎながら、日本の伝統文化や様々な年代のユースカルチャーをもミックスしたコレクションを、今の東京を体現するAzuri酒井いぶきSUMIRE(装苑モデル)YOJEFFという5名が着こなします。東京ストリートファッションの文脈でスタイリングしたKENZOのファッションページに加え、Nigoによる新生KENZOを読み解く論考を掲載。

リック・オウエンス ©Owenscorp

チョポヴァ ロウェナ

2022-‘23AW
デザインのアイデンティティ

装苑では、今季、秋冬コレクションを発表したグローバルメゾンの中から、トレンドにしばられることなくデザインのアイデンティティを強く打ち出した7つのブランドをピックアップ!エレガンスとアバンギャルドが共存する異才リック・オウエンスや、昨年逝去したヴァージル・アブローが手がける最後のコレクションとなった、オフ-ホワイト™など、ワールドコレクションの常連から若手の注目株まで、自身の哲学を信じてブランドを展開する実力派たち。今季のコレクションとともに、それぞれのブランドが提案するクリエイティビティに迫る!

リック・オウエンスアクネ ストゥディオズコペルニモリー ゴダードロクチョポヴァ ロウェナオフ-ホワイト c/o ヴァージル アブロー™

写真:MELON(TRON)

装苑男子FASHION SP 
長尾謙杜(なにわ男子)

今号の<装苑男子>は、ファッションの特集内で、ページ拡大版のFASHION SPECIALとしてお届けします。昨年の11月にメジャーデビューしたなにわ男子のメンバーとしての活躍はもちろん、お芝居でも注目を浴び、俳優としても期待が高まる長尾謙杜さんが、『装苑』に初登場です! 実は、知る人ぞ知るファッション好きの長尾さん。普段のスタイルはストリートファッションが多いという長尾さん好みのデニムのセットアップから、クールなスーツスタイル、パンキッシュなチェックのワンピース×ヒョウ柄のショーツ、そして初めてのチャレンジというリボンやチュールなどの装飾に彩られたシャツをハンサムに着こなしていただきました。またインタビューでは、ファッションへの思いから、アイドルとしての生き方や思い描く理想像まで、長尾さんの真摯でポジティブな言葉で語るインタビューも必読です。

(左)タナカ ダイスケ(右)リコール

今注目したい東京ブランド7 
あのルックに込めたデザイナーの思いとは

2022‐’23年秋冬コレクションから、東京で活躍する7つのブランドのデザイナーの方々に、それぞれ1ルックを厳選していただきました。私たちが何気なく見ていたあのルックには、どんな背景があるのだろうか。ブランドのアイデンティティやデザイナーのインスピレーション源など、クリエイションに対する思いについて迫ります。

リコールフェティコタナカ ダイスケホウガタムサートグラフピリングス

NEXTミュージシャンが着るビビッドカラー beabadoobee歌代ニーナほか、蜷川実花さん×清原果耶吉田ユニ×山口智子ほか、さらにスペシャルな特集が盛り沢山!

RELATED POST

【2022-’23年秋冬パリコレ vol.3】高橋悠介のCFCLがインスタレーションで新作披露
Perfumeが4度目となる、表紙に登場!『装苑』9月号の特集は「クリエイターの脳内力。」...
『装苑』5月号の特集は「今と、これからのファッションについて。」
松村北斗(SixTONES)が表紙を飾る『装苑』7月号は人気連載「装苑男子」をバージョンア...
リーバイス®501®のユーズドストックをクリエーターがアップサイクル「デニム de ミラ...
好きな人との“共創”によるオリジナリティは無敵にちがいない。『装苑』3月号の特集は...
多様性とエネルギーに満ちたIFMのショー
お耳に響け!あの人から届いたプレイリストSOUNDS SO GOODvol.08 SO-EN Sep.issue
磯村勇斗が選ぶドクターマーチン。【Dr. Martens×Person Vol.01】
【so-en mode】Vol.11 ヴァレンティノ
偏愛映画館 VOL.15 『灼熱の魂』
【so-en mode】Vol.10 アライア