Perfume初の衣装展『Perfume COSTUME MUSEUM』
新ビジュアル、展覧会詳細発表!

2023.06.06

『Perfume COSTUME MUSEUM』キービジュアル

Perfume初となる大規模衣装展『Perfume COSTUME MUSEUM』の詳細とともにキービジュアルが、本日発表された。

本展覧会は、2020年に装苑編集部編にて刊行されたPerfume初の衣装本『Perfume COSTUME BOOK 2005-2020』を起点とし、書籍掲載の衣装を中心とした170着を展示する内容。

『Perfume COSTUME BOOK 2005-2020』より 「Dream Fighter」2008年 ©文化出版局 スタイリング:内澤 研

全4章構成で、2005年のデビューから近年までのPerfumeの衣装史を総覧できるほか、メンバー3人が本展覧会のために特別に選んだ「お気に入りの衣装」が見られるお楽しみコーナーも登場する。

『Perfume COSTUME BOOK 2005-2020』より 「LEVEL3」2013年 ©文化出版局 デザイン:三田真一/制作:SAQULAI, Inc

『Perfume COSTUME BOOK 2005-2020』より 「Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP「LIVE 3:5:6:9」」 2015年 ©文化出版局 デザイン:Toshio Takeda/制作:内藤智恵

『Perfume COSTUME BOOK 2005-2020』より 「SXSW/COSMIC EXPLORER 北米ツアー」2015/16年 ©文化出版局 デザイン:三田真一/制作:SAQULAI, Inc

さらに、衣装デザインを手がける三田真一さん、Toshio Takedaさんによるデザイン資料や、ドレスメイカーの櫻井利彦さん(SAQULAI, Inc)提供による型紙などの貴重な資料が初公開されるほか、衣装にあわせて制作されている特別な小物やヘアアクセサリー、Perfumeを象徴するヒールも展示される。

キービジュアルのアートディレクションを手がけたのは、2016年のアルバム『COSMIC EXPLORER』のジャケットを担当した、吉田ユニさん。吉田さんがディレクションした『Perfume COSTUME BOOK 2005-2020』のカバーをさらに進化させ、今のPerfumeの魅力も存分に感じられる新たなビジュアルが完成した。

『Perfume COSTUME BOOK 2005-2020』表紙

また、期間限定で販売されるチケットにも注目したい。一度に3人で、あるいは一人で3回使用できる特別なチケット「トリプル券」と、兵庫会場限定の非売品チケットホルダーつき観覧券は、7月1日(土)〜31日(月)の期間限定で販売。会期中は学芸員によるレクチャーや、記念トークショーも開催予定。今秋のアート体験は、『Perfume COSTUME MUSEUM』で決まり!

Perfume COSTUME MUSEUM
期間:2023年9月9日(土)〜11月26日(日)
時間:10時〜18時(入場は17時30分まで)
月曜休(9/18、10/9は開館。9/19、10/10休館)
会場:兵庫県立美術館
   神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1【HAT神戸内】
TEL:078-262-1011(兵庫県立美術館)
観覧料:一般 ¥1,800(前売券 ¥1,600)、大学生 ¥1,400(前売券 ¥1,200)、高校生以下無料
特別観覧券(7/1〜7/31販売):①兵庫会場限定チケットホルダー付観覧券 ¥2,200
②兵庫会場限定トリプル券 ¥4,800
WEB : https://www.artm.pref.hyogo.jp/

RELATED POST

井田幸昌さんの展覧会「Panta Rhei |パンタ ・ レイ - 世界が存在する限り」が鳥取と...
nori enomotoが2⽇間限定の展示販売会『The museum of CURVES』を開催!