Michelle (BÉBÉディレクター )
【シースルートップ】

2022.12.19

【シースルートップ】

(左・右)グラフィカルなデザインが目を引くアクネ ストゥディオズのトップ。(中)デコルテラインが綺麗に見えるシルエットもお気に入り! ヴィンテージのトップ。

1枚で着ても存在感のある
デザインに惹かれる

普段から自分の身長の高さを生かしたメンズライクなパンツスタイルが多く、中でも小さめのトップに、ボリュームのあるボトムを合わせた時のバランスが好きです。なので、タイトなシルエットのトップはつい集めてしまうアイテムです。ほどよく素肌が透けて見えるけれど、決していやらしくなく、こなれた感もあり、タトゥーがちらっと見えるので、特にシースルーのものが気に入っています。買い付けでヨーロッパに行った時、シースルートップを1枚でさらっと着ている人がいて、その自由な感じがすごく素敵だったので、私も1枚で着ることが多いです。だからこそ、単体でも目を引くようなグラフィックや個性的なディテールのものを選ぶようにしています。

photographs : Jun Tsuchiya (B.P.B.)

ミシェル
1994年生まれ、京都府出身。2015年からビームスのショップ店員として活躍後、’19年に移動式ヴィンテージショップ「Blanche Market」を設立。独立後、’21年に「BÉBÉ」を立ち上げ、主にヨーロッパのヴィンテージを自ら買い付け販売している。
Instagram:@michellevitamin

▶︎一覧に戻る


【関連記事】
ディレクター Michelleのパリ買いつけ日記!はこちら

『装苑』1月号好評発売中。全国書店にてお求めください。
店頭にない場合は、書店店舗にて直接ご注文いただくか、下記オンライン書店などをご利用ください。

Amazon
楽天ブックス
セブンネット
文化出版局
富士山(定期購読)

RELATED POST

パリ、東京、大阪—3都市の美術館のコレクションが集結。TRIO展のチケットをプレゼント...
フィリップ・パレーノの国内初の大規模個展「この場所、あの空」がポーラ美術館にて開...
NEW COMER期待のニュークリエイターファイルNanako Araie(新家菜々子)
文化服装学院×HOTSOX キックオフミーティング&中間報告会に潜入!
KIDILLデザイナー末安弘明が語る「情熱を形にし続けた10年間」。15名のKIDILLラバーの...
anoさんが表紙を飾る『装苑』3月号は大人気企画の衣装特集!
池田エライザが表紙を飾る『装苑』5月号の特集は「ファッション愛を語らせて」
2024年ゴールデンウィークに訪れたい、最先端の注目ショップ&おでかけスポット情報...
ITS 2023/24、受賞者たちの思考回路。