フェンディが2022-’23年秋冬クチュール・コレクションを発表

2022.07.13

フェンディ 2022-’23年秋冬クチュール・コレクションより。イタリアのすばらしいアトリエ技術を見せる。

フェンディ(FENDI)が2022-’23年秋冬クチュール・コレクションを発表。今シーズンはヌードカラーやシースルーのセンシュアルなシルエットが続く中、目を引いたのは日本の着物のモチーフです。

「今回のコレクションでは、様々な都市、つまり京都、パリ、ローマの断片に目を向けています。記憶のかけら、あるいは過去、現在、未来の印象といった、物事の断片的な性質がコレクション全体で繰り返し表現されています」と、クチュールおよびウィメンズウェアのアーティスティック ディレクター、キム・ジョーンズ。

出発点は京都。ここで見つけた着物の生地がインスピレーションソースになり、伝統的な型友禅(型紙と色糊を用いて染める友禅染)の絹織物をアシメトリーに配したロングドレス、17世紀のテキスタイルデザインから着想されたイロハモミジの刺繍のガウンなど、ロマンティシズムの中に品格を漂わせる作品が並びました。ロープマウンテンと名づけられた18世紀の着物生地の再解釈もあり、まさに西洋と東洋が融合。

最高級素材のビクーニャのパンツスーツ、ミニマルなシルエットのレザースーツはイタリアのメゾンならではで、アールデコ調のオーナメントはフランスのジャポニズムを想起させます。

また今回は、デルフィナ・デレトレズ・フェンディがデザインを手掛けた初のハイジュエリーコレクション「フェンディ フラーヴス」を披露。ホワイトとイエロー・ダイヤモンドにフェンディの「FF」ロゴをあしらったモダンなデザインで、ゴージャスなクチュールの装いにさらなる輝きを与えていました。

ハイジュエリー「フェンディ フラーヴス」のネックレス。ファーストルックで登場。

Text:B.P.B. Paris

RELATED POST

SEVENTEEN記者懇談会をほぼ全文レポート。ベストアルバム「17 IS RIGHT HERE」や2024年...
平安中期は位が高いほど裸に近かった!?『陰陽師0』の衣装デザインを、伊藤佐智子さん...
藤原季節インタビュー。「宝物のような映画」、『東京ランドマーク』のかけがえのない...
今欲しいトレンドアイテムを 装苑オンラインがセレクト!   ー エンドレス試着室 ー
窪塚愛流×蒔田彩珠 特別すぎる7日間を描く『ハピネス』を演じて得た初めての感覚。ロ...
モトーラ世理奈とHIMIが表紙を飾る『装苑』7月号は古着特集!櫻坂46 藤吉夏鈴など登場...
オリヴィエ・サイヤールが監修、ITSファイナリストの作品展「服の幾多の人生」開催
「TWS(トゥアス)」SEVENTEENの弟分グループがついにデビュー。韓国で開催されたショ...
シンプルさの中に凛とした美しさが際立つフェンディ。2024年春夏オートクチュールウィ...
見上愛×佐藤寛太、映画『不死身ラヴァーズ』インタビュー。何度出会っても君が好き!...